肌の乾燥対策!気温が下がる季節に欠かせないケア方法まとめ

メイク・コスメ

秋になると、夏のダメージや気温の変化により、肌トラブルを起こす人が増えてきます。トラブルを未然に防ぐためには、乾燥対策が欠かせません。では、気温が下がるこの時期には、どういった乾燥対策やスキンケアが必要なのか、どんなプラスケアを取り入れたら良いのか、ご紹介しましょう。

秋は肌にとってどんな環境?

肌の状態は、環境によって大きく変化します。

そのため、季節の変化に合せたスキンケアが欠かせません。

特に、秋は夏のダメージを引きずる時期でもあり、乾燥しやすくなる季節のため、対策を練る必要があります。

では、秋は肌にとってどんな環境になるのか、ご紹介しましょう。

夏の紫外線ダメージも!

夏には、紫外線対策をしっかりと行っている人も多いと思いますが、対策をしていても、秋には夏の疲れが出やすくなります。

紫外線でダメージを受けた肌は、ターンオーバーが正常に働くなっていることから、肌荒れが起こりやすい季節。

更に、乾燥も加わるため、肌へのダメージが大きくなる時期でもあります。

そのため、秋には疲れた肌をケアすることが欠かせません。

肌表面が元気そうに見えても、肌の内側に蓄積したダメージが秋に出てくることもあるため注意が必要です。

ニキビもできやすい季節

普段、あまりニキビができない人でも、秋口になるとニキビができる人も多いのではないでしょうか。

ニキビというと、皮脂分泌が多いとできるイメージがありますが、逆に乾燥している時にもニキビはできやすくなります。

秋は、夏の肌ダメージによりターンオーバーが正常に働かなくなり、毛穴詰まりを起こしてしまうこともあり、ニキビもできやすい環境。

そのため、ターンオーバーを正常に働くようにケアをしながら、肌に潤いを与えることが大切です。

乾燥から肌を守るには

肌の乾燥は、肌荒れの大きな原因となります。

特に、乾燥しやすくなる秋口には乾燥対策が欠かせません。

では、乾燥から肌を守るためには、どういったケアが必要となるのか、ご紹介しましょう。

保湿に重点を置いたスキンケア

肌の状態は、人によって異なります。

そのため、それぞれスキンケアにはこだわりがあるはず。

しかし、秋口には保湿ケアに重点をおくことがおすすめです。

脂性肌と思っている人の中には、肌表面は油っぽくても、内側はカラカラの状態になっている隠れ乾燥を引き起こしている可能性もあるため、注が必要。

洗顔の際には洗浄力の強すぎるものは避け、スキンケアでは保湿成分が含まれたアイテムで保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

食事で内側からケア

肌の状態は、スキンケアだけが関わる訳ではありません。

普段、どんな食事をしているかも、肌に大きく影響してきます。

そのため、肌を乾燥から守るためには、食事にも注意が必要。

ビタミンBやビタミンC、ビタミンEを積極的に取り入れて、身体の内側からケアを行うようにしましょう。

秋には、潤いを与えてくれる食材もたくさんあります。

例えば、キノコ類や松の実、ヤマイモ、銀なん、きくらげ、豆乳、豆類などを積極的に取り入れると良いでしょう。

睡眠で美肌作りをサポート

肌荒れを起こしている人の中には、ちゃんと睡眠がとれていない人も多いはず。

睡眠も、肌状態に大きく影響してきます。

最近では、寝る寸前までスマホを見ている人が多いですが、スマホのブルーライトにより、不眠症を引き起こしている人が少なくありません。

睡眠は、体の疲れをとるだけでなく、肌細胞にも大きく影響してきますから、質の良い睡眠をとることが大切です。

夏以外も紫外線対策は必須

夏場には、日焼け止めや日傘などを用いて、紫外線対策を行っている人が多いでしょう。

しかし、秋、冬になると紫外線対策をしない人も多いはず。

紫外線は、夏だけでなく、年中浴びるものですから、季節問わず対策を行うことが必要です。

秋、冬は夏場ほど紫外線は強くありませんが、全くないわけではありません。

そのため、年中通して紫外線対策を行うことが必要です。

関連記事一覧