肌の乾燥対策!気温が下がる季節に欠かせないケア方法まとめ

メイク・コスメ

秋になると、夏のダメージや気温の変化により、肌トラブルを起こす人が増えてきます。トラブルを未然に防ぐためには、乾燥対策が欠かせません。では、気温が下がるこの時期には、どういった乾燥対策やスキンケアが必要なのか、どんなプラスケアを取り入れたら良いのか、ご紹介しましょう。

秋は肌にとってどんな環境?

肌の状態は、環境によって大きく変化します。

そのため、季節の変化に合せたスキンケアが欠かせません。

特に、秋は夏のダメージを引きずる時期でもあり、乾燥しやすくなる季節のため、対策を練る必要があります。

では、秋は肌にとってどんな環境になるのか、ご紹介しましょう。

夏の紫外線ダメージも!

夏には、紫外線対策をしっかりと行っている人も多いと思いますが、対策をしていても、秋には夏の疲れが出やすくなります。

紫外線でダメージを受けた肌は、ターンオーバーが正常に働くなっていることから、肌荒れが起こりやすい季節。

更に、乾燥も加わるため、肌へのダメージが大きくなる時期でもあります。

そのため、秋には疲れた肌をケアすることが欠かせません。

肌表面が元気そうに見えても、肌の内側に蓄積したダメージが秋に出てくることもあるため注意が必要です。

ニキビもできやすい季節

普段、あまりニキビができない人でも、秋口になるとニキビができる人も多いのではないでしょうか。

ニキビというと、皮脂分泌が多いとできるイメージがありますが、逆に乾燥している時にもニキビはできやすくなります。

秋は、夏の肌ダメージによりターンオーバーが正常に働かなくなり、毛穴詰まりを起こしてしまうこともあり、ニキビもできやすい環境。

そのため、ターンオーバーを正常に働くようにケアをしながら、肌に潤いを与えることが大切です。

乾燥から肌を守るには

肌の乾燥は、肌荒れの大きな原因となります。

特に、乾燥しやすくなる秋口には乾燥対策が欠かせません。

では、乾燥から肌を守るためには、どういったケアが必要となるのか、ご紹介しましょう。

保湿に重点を置いたスキンケア

肌の状態は、人によって異なります。

そのため、それぞれスキンケアにはこだわりがあるはず。

しかし、秋口には保湿ケアに重点をおくことがおすすめです。

脂性肌と思っている人の中には、肌表面は油っぽくても、内側はカラカラの状態になっている隠れ乾燥を引き起こしている可能性もあるため、注が必要。

洗顔の際には洗浄力の強すぎるものは避け、スキンケアでは保湿成分が含まれたアイテムで保湿ケアをしっかりと行うようにしましょう。

食事で内側からケア

肌の状態は、スキンケアだけが関わる訳ではありません。

普段、どんな食事をしているかも、肌に大きく影響してきます。

そのため、肌を乾燥から守るためには、食事にも注意が必要。

ビタミンBやビタミンC、ビタミンEを積極的に取り入れて、身体の内側からケアを行うようにしましょう。

秋には、潤いを与えてくれる食材もたくさんあります。

例えば、キノコ類や松の実、ヤマイモ、銀なん、きくらげ、豆乳、豆類などを積極的に取り入れると良いでしょう。

睡眠で美肌作りをサポート

肌荒れを起こしている人の中には、ちゃんと睡眠がとれていない人も多いはず。

睡眠も、肌状態に大きく影響してきます。

最近では、寝る寸前までスマホを見ている人が多いですが、スマホのブルーライトにより、不眠症を引き起こしている人が少なくありません。

睡眠は、体の疲れをとるだけでなく、肌細胞にも大きく影響してきますから、質の良い睡眠をとることが大切です。

夏以外も紫外線対策は必須

夏場には、日焼け止めや日傘などを用いて、紫外線対策を行っている人が多いでしょう。

しかし、秋、冬になると紫外線対策をしない人も多いはず。

紫外線は、夏だけでなく、年中浴びるものですから、季節問わず対策を行うことが必要です。

秋、冬は夏場ほど紫外線は強くありませんが、全くないわけではありません。

そのため、年中通して紫外線対策を行うことが必要です。

乾燥対策はスキンケアを見直すことから!

スキンケア方法は、誰かに教わることはありません。

そのため、自己流のスキンケアを行っている人がほとんど。

その中には、間違ったケアをしている人も少なくありません。

では、乾燥対策のためのスキンケアの見直しについてご紹介しましょう。

洗顔方法

洗顔では、さっぱりとした洗い心地が好きな人もいるでしょう。

特に、脂性肌の人は油っぽさを取り除くことを重視している人もいるはず。

しかし、乾燥を防ぐためには、皮脂の落とし過ぎに注意が必要です。

脂性肌の人でも、必要以上に皮脂を落としてしまうことで、更に皮脂分泌が活発になってしまうこともあります。

そのため、洗浄力の強すぎる洗顔料は避けた方が無難。

肌に負担の少ない洗顔料を用いて、必要な皮脂は残す程度の洗顔が大切です。

水分補給

肌が乾燥している時には、肌の内側までしっかりと水分補給をすることが大切。

化粧水などはケチらず、たっぷりと付けて、肌の奥まで成分を届ける様なケアが必要です。

そして、水分補給をした後には、その水分が逃げないようにクリームなどで蓋をすることが重要。

どんなに水分補給ができても、蓋をしなければ、せっかくの水分は蒸発し、また乾燥の状態を生んでしまいます。

そうならないためには、水分補給をして、それを逃がさないようにクリームでケアをすることが欠かせません。

脂性肌の人も、クリームの量を抑えながら、水分が逃げないようにケアをしましょう。

ビタミン補給

肌の潤いを保つためには、ビタミンをしっかりと摂ることが大切。

肌の外側からのケアはもちろん、内側からもしっかりとビタミンを補給する必要があります。

食事からだけでは補いきれないと思うのであれば、サプリメントなどをプラスして、しっかりとビタミンを摂取するようにしましょう。

外気から肌を守る

秋になると、風も爽やかに感じる季節。

しかし、この爽やかな風も肌にとっては乾燥の原因となってしまいます。

特に、外で運動などをして汗をかいた時には、その汗が乾き乾燥状態を引き起こしてしまう為注意が必要。

外出時に汗をかいてしまった時には、汗はしっかりと拭き取り、肌の水分を奪われないように注意しましょう。

オイルをプラス

肌の乾燥が気になった時には、普段のスキンケアにオイルをプラスすることもおすすめ。

今では、美容オイルなどが販売されていますから、これらのオイルをプラスして、潤いをキープしましょう。

中でも、スクワランオイルなどは、バリア機能の回復やキメ改善の効果が期待できます。

肌の状態に合わせて、こういったアイテムをプラスすることも大切です。

オリヂナル スクワランオイル

オリヂナル スクワランオイル

4,980円(09/27 21:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

スペシャルケアで乾燥対策

乾燥が気になる季節には、普段とは違ったケアをプラスすることも大切。

夏のダメージなどで元気を失った肌には、スペシャルケアを取り入れることがおすすめです。

シートマスク

シートマスク

みなさんは、シートマスクを使ったケアはしていますか。

イベント前やデート前になると、シートマスクでケアをする人も多いと思いますが、乾燥が気になる季節には普段のケアも大切。

シートマスクの中には、保湿成分がたっぷりと含まれたものもあり、高い保湿効果を得ることができます。

中には、美白成分が含まれたものもありますから、紫外線ダメージが気になる人は、保湿成分プラス美白成分が含まれたシートマスクがおすすめです。

こちらの記事もおすすめ

美白に保湿にエイジングケア!おすすめプチプラのシートマスク

美白に保湿にエイジングケア!おすすめプチプラのシートマスク

肌を保湿し潤いを!シートマスクのやり方とおすすめ10選

スチーマー

乾燥が気になる時には、肌の奥までしっかりと保湿成分を届けることが大切。

そのためには、毛穴からしっかりと成分を行き渡らせることが必要です。

普段のスキンケアの前に、スチーマーを用いれば、毛穴を開くことができ、化粧水などの浸透を良くすることができます。

スチーマーがない場合には、蒸しタオルなどを用いて、毛穴を開いてからスキンケアをすることで、成分を浸透させやすくなるでしょう。

マッサージ

肌が乾燥しているということは、化粧水や美容液などの成分がしっかりと行き届いていないということ。

ということは、血液の流れが悪くなっているということでもあります。

そのため、乾燥対策を行う際には、マッサージをして血液の流れを改善することも大切。

血液の流れが改善されれば、化粧水などの成分をしっかりと行き渡らせることができます。

また、血液の流れが悪いと、くまやくすみもできやすくなりますから、マッサージをすることで肌に元気を取り戻すことができるでしょう。

乾燥する前に、しっかりと乾燥対策を練ろう

秋になると、気温も下がり、乾燥しやすい環境になります。

そうなれば、自然と肌も乾燥しやすくなり、肌トラブルが起きやすい状態になるでしょう。

そうならないためには、早めに乾燥対策を取り入れることが大切です。

気温が下がりはじめたら、「そろそろ、乾燥対策をしなければ」とスキンケアの重点を切り替えて、乾燥対策を行いましょう。

関連記事一覧