ブルベ?イエベ?自分に似合うシアーリップの選び方!おすすめもプチプラから一挙ご紹介

メイク・コスメ

メイクはリップの違いでかなりの印象の差があります。例えば同じアイメイクでもくっきりマットなリップと、抜け感のあるうるうる唇では全く印象が違いますよね。今回はシアーリップのおすすめをご紹介させていただきますが、そもそもシアーリップって何?という方のためにも分かりやすくご説明いたします♪

そもそもシアーリップって何?

最近はドラッグストアのプチプラのものからデパコスまで色々なところで見かけるシアーリップですが、そもそもシアーリップって何?という方も多いですよね。

シアーリップとは、口紅でもなく、グロスでもなくリップクリームでもありません。

しいて言うならば、全ての良い所を取ったようなものがシアーリップです。

口紅程の発色はありませんが適度に色づき、グロスのようなベタつきは無いけど適度に潤う。

一言で言うと、飾らない口元を演出できるのがシアーリップです。

どんなメイクにも使える万能リップ

シアーリップの良いところは、どんなメイクにも使えてしまうということではないでしょうか。

赤リップの時代が終わり、気どらない抜け感がトレンドになっている今、アイメイクは濃いめでも口元はシアーリップを用い、ナチュラルな抜け感を持たせるメイクが人気です。

オフィスでのメイクやナチュラルメイクにシアーリップが向いていることは容易に想像できると思いますが、きちんとした場や結婚式などの少し濃いめメイクをしなければならないシーンでもシアーリップを上手に使って柔らかい印象のメイクに仕上げることができます。

パリッとっした印象で顔が引き締まる赤リップから抜け出せないという方も多いのですが、トレンドメイクをするならリップは断然シアーリップをおすすめします。

どんな色を選べば良い?あなたに合う色教えます!

薄付きのシアーリップといっても、やはり合う色、合わない色がでてきます。

肌色の見方

自分の肌色の見方ですが、ブルーベースやイエローベースという言葉を聞いたことがありますか?

パーソナルカラー診断と言って詳しく調べる方法もありますが、今回は腕の血管の色の見え方で簡単に判断をします。

まず、腕の内側の血管を見てください。血管は青っぽく見えますか?それとも緑っぽく見えますか?

青っぽく見えた方はブルーベースへ、緑っぽく見えた方はイエローベースとなりますが、あくまでも簡易的な診断のため、髪色や瞳の色、様々な判断材料から診断をするパーソナルカラー診断をしてもらえる機会がありましたら是非やってみてくださいね。

ブルーベース(ブルべ)の方

ブルーベースの方の特徴は青みのある透き通るような肌色です。

ブルーベースの方はファンデーションでもアイシャドウでもリップでも黄み色の強い色を乗せると疲れた顔に見えたり、顔色全体のトーンが下がって見えてしまいます。

そんなブルーベースの方は、青みの入ったローズピンクやローズレッドと言ったリップを選ぶと顔色がトーンアップされて、よりお肌の透明感が増して見えます。

イエローベース(イエベ)の方

イエローベースの方はその名の通り、黄みが強めな肌色の方です。

イエローベースの方はブルーベースとは違い、血色が良く活発なイメージの肌色です。

一言でイエローベースでも黄みの強みにより選ぶ色を気をつけなければいけないので少し注意が必要ですがしっくりくる色が分かってしまえば、全ての色選びが楽になります。

黄みがそこまで強くないイエローベースの方はオレンジ色やオレンジブラウンなどの黄みが強めのリップを選ぶとより血色がよく見えて、顔色との統一感が出ますが黄みが強めのイエローベースの方はコーラルピンクやアプリコットピンクなど黄みが弱めのリップを選ぶことでお肌がくすまず、肌色がトーンアップします。

hikaru_yogi

18,716 views

美容師免許を取得後、国内大手化粧品メーカーにて美容部員として勤務。退職後2人の子どもを出産。趣味で続けていたヨガを仕事にしたいと考え、全米ヨガアライアンスや...

プロフィール

関連記事一覧