敏感肌スキンケアの基本と洗顔料おすすめ人気ランキング

メイク・コスメ

敏感肌の人の中には、洗顔中に肌がピリピリと感じたり、洗顔後にかゆみを感じている人も多いのではないでしょうか。ピリピリやかゆみを感じているということは、バリア機能が低下している可能性があります。その状態を改善するために、今のケア方法や洗顔料を見直していきましょう。

敏感肌のスキンケアの基本、心がけたいこと

私たちの肌は、常に様々な刺激を受けています。この刺激は、本来であれば肌のバリア機能により守ることが出来ますが、敏感肌の人は、バリア機能が低下してしまっているため、刺激が受けやすい状態となります。
そのため、敏感肌の人がスキンケアを行う際には、何よりも刺激を避けることが必要です。クレンジングを行う際には、メイク汚れを落とそうとゴシゴシとこすってしまいがちですが、優しく馴染ませることを意識して、優しく汚れを落とすことが大切です。
また、洗顔の際には汚れを落としすぎないことが基本です。汚れを落とそうと、洗浄力の強い洗顔料などを用いることで、皮脂膜を必要以上に落としてしまい、肌の状態が乾燥し、更に悪化してしまいます。
そして、クレンジングや洗顔後には、タオルで顔を拭くと思いますが、この際も顔を拭くのではなく、水分をタオルで押さえるようにすることがポイントです。
洗顔後のケアでは、保湿ケアも欠かせません。化粧水や美容液、クリームなどでケアをする際には、肌に塗るのではなく、押し込むように優しくケアしましょう。

敏感肌の洗顔料の選び方

敏感肌の人は、洗顔後に肌がヒリヒリする人も多いのではないでしょうか。敏感肌の人は、肌刺激に弱い状態となっていますから、洗顔料選びも慎重に行う必要があります。
敏感肌の人が洗顔料を選ぶ際には、何よりも肌に優しいものを選ぶことが基本です。今では、洗顔料は様々なタイプがありますが、敏感肌の人には洗顔石鹸がおすすめ。洗顔石鹸であれば、必要以上に脂分などを落とす心配がありませんから、安心して毎日使うことが出来ます。
また、洗顔石鹸を選ぶ際には成分をチェックし、刺激が少ないものを選びましょう。天然成分などで作られた石鹸であれば、洗顔時のヒリヒリもなくなります。
今まで、洗顔フォームなどを使っていた人は、洗い上がりに物足りなさを感じる人もいると思いますが、物足りないと感じるということは、それだけ今まで必要な皮脂まで落としていたといえるでしょう。

トラブル肌の対応

敏感肌により、肌にトラブルが起きている人もいるでしょう。そんな人は、どうしたら良いのか戸惑っている人も多いのではないでしょうか。
実は、敏感肌には2つのタイプがあります。それは、生まれつき肌が弱いタイプと何らかの原因で敏感肌になってしまったタイプ。肌トラブルが起きた時には、自分がどちらのタイプかを判断した上で、正しい対応が必要となります。
生まれつき肌が弱いタイプは、アトピーやアレルギーなどが原因と考えられます。まずは、日頃のスキンケアを見直し、高保湿のアイテムを取り入れてケアをはじめましょう。状態がひどい場合には、一度皮膚科医などに相談してみることもおすすめです。
何らかの原因で敏感肌になったタイプは、間違ったスキンケアやバランスが取れていない食生活、睡眠不足やストレスなどが考えられます。そのため、いつからトラブル肌になってしまったのかを考え、肌トラブルのきっかけを判断しましょう。根本的な原因が分かれば、トラブル肌の対応もどうすれば良いのか自然と見えてくるはずです。

関連記事一覧