夏のキレイはコレで保つ!ベビーパウダーの活用法まとめ

美脚とは
メイク・コスメ

赤ちゃんの汗疹対策として開発されているベビーパウダー。お肌の敏感な赤ちゃんに使えるなら、大人の汗にだって使えますよね!?じめっとした暑い夏の汗対策のほか、ベビーパウダーには便利な活用法がたくさん。ぜひご活用ください♪

すべすべのお肌をキープ!夏だってキレイでいたい

すべすべのお肌をキープして夏を楽しむためのアイテムが、今回ご紹介の「ベビーパウダー」です。

大人も嬉しいベビーパウダー

これは、ベビーパウダーの粒子が汗を吸い取ることを利用した使い方!汗がお肌にとどまっていると皮膚の常在菌が増殖して、炎症を引き起こします。ですから、汗が湧き出た瞬間にパウダーに汗を吸収して、炎症を予防するんです。

この働きはつまり、ベビーパウダーの粒子がとても細かいということ。赤ちゃんの敏感肌に使えるのだから、大人にも低刺激で良好なアイテムに間違いなしですよね。さらにネットで話題の活用法は目から鱗のアイディアばかりです。

ベビーパウダーの活用法

大人も使えるといっても、汗疹予防だけではもったいありません。 7つの活用法で、ベビーパウダーを目一杯使っちゃいましょう♪

1. 汗を抑えてサラサラ素肌

日焼け止めやボディークリームを塗った後、全身に薄くベビーパウダーを塗りましょう。サラサラの質感になり、夏も快適に過ごせます。動いているうちにかく汗も、ベビーパウダーが吸収してくれますよ。
出典:https://www.cosme.net/biche/articles/tw1x6

日焼け止めやボディクリームと併用できて、かつサラサラの質感がベビーパウダーで得られます。一部の制汗スプレーでも同様の効果がありますが、それはスプレー直後だけ。汗で効果は落ちてしまいますよね。ベピーパウダーならパウダーが汗を吸い取ってくれるので、時間が経ってもサラサラ素肌の持ちが良いです♪

2. 嫌な脇汗を目立たせない

脇汗シミの防止は、汗が気になる部分に事前にベビーパウダを少量叩き、その部分をアイロンするだけ!汗の吸収能力が高いベビーパウダーが洋服の繊維に汗が染み込む前に吸収してくれます。

ただし、残念ながら多汗症の方はこの方法がNG。余計なお肌トラブルを起こしかねません。汗をかいた気はしないけど、脇が湿っている。シャツの色が黄ばむという方だけにオススメな方法です。

3. メイクの仕上げ利用でメイク崩れ防止

いつも通りのメイクアップ後、ふんわりと顔全体にベビーパウダーをのせます。水分吸収能力の高いベビーパウダーがテカリの原因である皮脂を吸収。崩れやすい夏のメイクを美しいままキープできますよ

4. ナイトメイクにもぴったり

いつもの基礎化粧品でお肌をケアした後、軽くベビーパウダーを叩きます。透明感のある素肌を作り、かつ健康的に保湿が出来るんです。スッピンでは恥ずかしいというシュチュエーションで試したい活用法ですね。

5. アクティブな夏だからこそ汚れ防止に

ビーチや河原でのバーベキューやフェスなど、夏にはアクティブレクリエーションが目白押しですよね。そこで困るのが靴擦れや靴の汚れです。お気に入りのサンダルの汚れが落ちなくて困ったなんて経験は、1度くらいあるはず。

ベビーパウダーを事前に靴に軽く叩いておくと、汚れ防止&靴ずれ防止に効果◎です。ベビーパウダーの細かい粒子は摩擦を減らす効果があるので、靴ずれの防止に。汗ジミ防止と同じ汗、汚れの吸着効果で汚れ防止効果が得られますよ♪

6. 冬前にファーアイテムをお手入れ

ベビーパウダーの細かい粒子は汚れ吸着効果を発揮します。お洗濯のできないファーアイテムとベビーパウダーを袋に入れ、袋ごとよく振ってからファーアイテムを取り出します。取り出したファーアイテムからベビーパウダーを降り落とせば、汚れはベビーパウダーにくっつきます。これだけでファーアイテムのお手入れが完了です

7. いざという時のドライシャンプー

災害時にはライフラインがストップするので、水は最低限の飲料水のみ。とてもシャワーやシャンプーなんてできませんよね。そんな時にティースプーン1杯のベビーパウダーを髪にふりかけ、目の細かいコームで梳いていけばドライシャンプーとして活用できます。これもベビーパウダーの汚れ吸着効果を活かしたアイディア。いざという時のために、覚えておいてくださいね♪

関連記事一覧