シアバターで保湿は完璧♪簡単シンプルなハンドメイドレシピ

オールインワンジェルのおすすめ
メイク・コスメ

シアバターは保湿力の高さが魅力的!今ではさまざまなスキンケアやボディケアアイテムに配合されていますね。今回は、手軽にハンドメイドできるシアバタークリームのレシピをご紹介します。オリジナルクリームを作ってみませんか?

シアバターの成分と効果

シアバターは、シアの実から採取された油のこと。植物性オイルではありますが、液体ではなく固形状なのでバターと呼ばれています。常温では溶けにくく、融点が35〜36℃ほどで人の肌につけると体温でゆっくりと溶けていくのがわかるでしょう。

シアバターの主な成分は、オレイン酸、ステアリン酸、リノール酸といった脂肪酸です。特にオレイン酸は脂肪酸の中でも特に高い保湿力がポイント。また、揮発性も低いため、肌や髪などの乾燥対策にとても有効な成分として扱われています。

そのほか、抗酸化作用で知られるビタミンEの天然体であるトコフェロール、肌荒れなど肌のトラブル改善に役立つアラントイン、粘膜や皮膚の改善に効果的なカロチノイドといった美容に効果の高い成分も微量ながら備えていますよ。

肌を保護して潤いを与えるほか、皮膚細胞のターンオーバーを促し新しい皮膚が整いやすくする、シミやシワといった老化の予防などにも効果的です。そのほか、アフリカでは赤ちゃんの日焼け止めとしても使われていますよ。脱毛やリウマチ、筋肉痛といった場面でも使われ、ヘアワックスの成分としてなど、幅広いシーンで使われてきているのですね。

現在はいろいろなクリームやアイテムに成分として配合されているものが多く見られますが、シアバターのみでもボディクリームやヘアマスクとして使用できますよ。

シアバターのおすすめレシピ シアバタークリーム

乾燥対策にぜひひとつは持っておきたいおすすめのシアバタークリームは、手づくりすることができますよ♪材料も少ないので揃えればいつでも簡単に作れて便利です。全身にも顔にも使える基本の万能シアバタークリームのレシピをご紹介していきます。

シアバタークリームの材料

(50gのクリーム分)
シアバター 50g
植物オイル(ホホバオイルなど) 30ml
みつろう 20g
精油(アロマオイル) 20〜25滴ほど(お好みで加減)

量は自由に増減できます。
シアバター:植物オイル:みつろう=2:1:1または5:3:2
になるように調整すると上手に作れますよ。

関連記事一覧