メイクスポンジの使い方とお手入れ方法!おすすめ10選もご紹介♪

メイクスポンジ
メイク・コスメ

メイクスポンジは、メイク時の必需品。みなさん、自分のメイクスポンジに満足していますか。メイクスポンジは、どれも同じと思っている人も多いですが、実は様々な種類があります。では、メイクスポンジの種類や選び方、お手入れ方法、おすすめのメイクスポンジをご紹介しましょう。

メイクスポンジの正しい使い方

化粧下地に用いる時

メイクスポンジというと、ファンデーションを塗る際に使うアイテムと思っている人も多いですが、化粧下地を付ける際にも活用することができます。

化粧下地を付ける際は、まずは手の甲に下地をパール1粒程度だし、指で頬、鼻、おでこ、あごにちょんと乗せていきます。そして、指の腹で下地を伸ばしていきます。この時、内側から外側に向かって伸ばすのがポイント。

伸ばしたら、ここでメイクススポンジの出番。乾いているスポンジで、更に肌に馴染ませていくことで、余分な下地は取ることができ、ファンデーションのノリもアップさせてくれます。

リキッドファンデーションに用いる時

リキッドファンデーションを塗る際には、メイクスポンジは必需品。下地を付ける時と同じように、まずは手の甲にファンデーションをとり、頬、鼻、おでこ、あごにファンデーションをちょこんとつけ、内側から外側に向かって伸ばします。

そして、一度濡らし、しぼったスポンジをつかって、ファンデーションの上からパッティングするように馴染ませましょう。

こうしてメイクスポンジを使うことで、余分な皮脂も除去し、綺麗に仕上げることができます。

パウダーファンデーションに用いる時

パウダーファンデーションを綺麗に付けるためには、まずは化粧下地で肌をしっかりと整えましょう。

パウダーファンデーションを付ける際には、乾いたメイクスポンジが基本ですが、ファンデーションによっては、濡れたスポンジがOKなものもあるため、事前に確認しましょう。

パウダーファンデーションをスポンジに馴染ませ、内側から外側に向かって均等に付けていくのがポイント。この時、強くこすってしまうと肌刺激になるため、優しく馴染ませるようにスポンジを動かすことがポイントです。

メイクスポンジの種類や形

リキッドやパウダーファンデなどテクスチャーに合せて選ぶ!

メイクスポンジには、意外にも様々な種類があるのはご存知でしょうか。パウダーファンデーションしか使ったことがない人は、ファンデーションについているスポンジしか知らない人も多いでしょう。

まず、メイクスポンジはリキッドとクリーム用とパウダー用、両用の3つがあります。これらは、使うファンデーションのテクスチャーに合せて選ぶことになります。

小判型、五角形、ひょうたん型ほか様々なタイプが!

また、形は様々。長方形の平たいスポンジが一般的ですが、他に三角形のもの、小判型、四角形、五角形、しずく型、ひょうたん型いったように様々なタイプがあります。

スポンジの厚さもそれぞれとなっており、ファンデーションタイプや使い心地によって、選ぶことができます。

メイクスポンジの選び方

ファンデのタイプ・厚さの好み・矩形

メイクスポンジは、まずファンデーションのタイプによって変わってきます。リキッドタイプなのか、パウダータイプなのかによって、適切なメイクスポンジが判断できるでしょう。

スポンジの形は、それぞれの好みにより選ぶことになります。厚みがある方が使いやすいという人もいれば、薄い方が使いやすいという人もいます。角がある方が細かいところもまで塗れるという人もいれば、丸い方が均等に塗れるという人もいるでしょう。

どんなスポンジが使いやすいかは、実際にいろいろな形を試してみることがおすすめです。

また、綺麗にファンデーションを仕上げるためには、キメの細かいスポンジを選ぶことがおすすめ。キメの細かいスポンジは、肌触りも良いため、肌刺激なども抑えることができるでしょう。

関連記事一覧