肌に優しい!無添加洗顔石鹸の選び方とおすすめ3選

メイク・コスメ

洗顔がスキンケアの基本。ど無添加石鹸であれば、汚れを落としながらも、必要な皮脂は残し、肌乾燥を抑えることもできます。無添加ですから、洗顔中の肌刺激を抑えることもできます。肌トラブルを抱えている人は、まずは洗顔料を見直し、肌に優しい無添加石鹸をつかってみませんか?

無添加石鹸の魅力

しっかりとした洗浄力

無添加石鹸というと、「汚れがちゃんと落ちるのだろうか?」と心配になる人も多いでしょう。無添加石鹸には、合成界面活性剤が含まれていないため、汚れ落ちが悪いと思っている人も少なくありません。しかし、純石鹸であれば、水に触れることでアルカリ性に変化するため、たんぱく質を溶かし、古い角質汚れなども落とすことが可能。天然由来の洗浄成分で作られた石鹸であれば、肌刺激も抑えることができ、理想的な洗顔を行うことができるでしょう。

バリア機能を取り戻す

肌トラブルを起こしている人の中には、外的刺激に弱くなっている人も多いでしょう。始めて使う化粧品にかぶれたり、紫外線に反応したりしている人もいるのではないでしょうか。こういった肌は、肌のバリア機能が正常に働いておらず、肌を守ることができない状態となっています。そんな時、無添加石鹸でケアをすれば、必要な皮脂などは守り、乾燥を防ぐことができるため、肌のバリア機能も正常に戻すことができるでしょう。そうなれば、自然と外的刺激からも強くなるはずです。

天然の保湿成分

無添加石鹸の場合には、天然の保湿成分が含まれているため、肌の潤いを守りながら洗顔を行うことができます。さっぱりした洗顔が好みの人は、洗顔後に肌のつっぱりを感じている人もいると思いますが、こういった状態は洗浄力の強い洗顔料により、必要な皮脂まで落としてしまっている可能性があります。その点、無添加石鹸であれば洗顔中にも潤いを与えながらケアすることができるため、洗顔後のつっぱりもなくなります。

刺激が少ない

無添加石鹸は、自然な成分で作られているため、肌への刺激を抑えることができます。無添加ということは、肌刺激となる着色料や香料なども含まれていないということですから、優しい洗顔を行うことができるということ。プラスの効果が含まれた石鹸でも、天然由来の成分で作られているものであれば、肌に負担をかけずに、嬉しいプラス効果も得られるでしょう。

環境にも優しい

一般的な洗顔料には、合成界面活性剤という成分が含まれています。この成分は、肌にとっても刺激があるものですが、自然界にとっても刺激となるもの。私たちが普段洗顔を行うと、洗顔料が含まれた水が流れていきます。界面活性剤が含まれた水は、自然にも悪影響を及ぼす可能性があるため、無添加石鹸であれば、環境にも優しいケアとなるでしょう。

無添加石鹸の選び方

成分の確認

無添加石鹸を選ぶ際には、何よりも肌に優しいものを選ぶことが大切です。実は、純石鹸と呼ばれているものの中には、石鹸素地100%のものもあれば、98%以上のもの、純石鹸分が98%以上のものもあります。脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが98%以上のもの、植物石鹸素地など、様々なものがあるため、成分をしっかりとチェックし本物の石鹸を選ぶことが大切。また、着色料や香料、合成化学物質、防腐剤なども含まれていないものを選ぶことで、より肌に優しい無添加石鹸選びを行うことができるでしょう。

アルカリ性のものを選ぶ

肌トラブルのない状態に戻りたい、健康な肌を作りたいと思っている人は、何よりもアルカリ性の無添加石鹸を選ぶことがおすすめ。弱酸性の石鹸もありますが、弱酸性の場合にはものによっては界面活性剤が含まれているものもあるため、アルカリ性の石鹸を選んだ方が無難。洗顔後にツッパリ感があっても、アルカリ性の石鹸であれば肌のターンオーバーも正常に戻すことができ、健康的な肌を目指すことができるでしょう。

製造方法のチェック

石鹸というと、どれも同じ方法で作られていると思いがちですが、実は石鹸の製造方法は様々。せっかく肌に優しい石鹸を選びたいと思うのであれば、コールドプレス製法か釜焚きけん化法で作られたものがおすすめ。この製法で作られた石鹸であれば、保湿成分や美容成分が減ることなく、しっかりと肌に取り入れることができるでしょう。

関連記事一覧