乾燥対策の必需品!肌が喜ぶおすすめ乳液10選

メイク・コスメ

美肌を保つためには、何よりも保湿が欠かせません。乾燥は、肌にとって大敵ですから、乳液でのケアが必須。では、そもそも乳液にはどういった役割があるのか、どんな種類があるのか、乳液選びのポイントや正しい使い方、おすすめの乳液をご紹介します。

そもそも乳液の役割とは?

化粧水の後、当たり前のように化粧水で肌を整えてから、乳液を使っている人も多いでしょう。しかし、中には乳液の役割を知らないまま使っている人もいます。効果を得るためには、しっかりと乳液の役割を知っておくことが必要です。

意外と知らない乳液の役割は、水分の蒸発を防いでくれること。化粧水で水分補給した肌から、水分が蒸発しないように、乳液で蓋をし、蒸発を防いでくれます。

化粧水で水分を入れた肌は、ほおっておくと蒸発し、乾燥してしまいます。これを防ぐためには、乳液が欠かせないアイテムということになります。

意外と知らない乳液の種類

保湿タイプの乳液

乳液というと、全てが同じものと思っている人も多いですが、実は乳液の中にはプラスの役割が含まれているものがあります。

基本的な乳液は、保湿乳液と呼ばれているものとなり、保湿効果の高い乳液。化粧水で整えた肌を守り、潤いをしっかりとキープしてくれるでしょう。

UVタイプの乳液

乳液の中には、プラスの効果としてUVケアできるものもあります。特に、紫外線が強くなる夏場などは、スキンケアからUVタイプの乳液を用いることで、しっかりと肌を守ることができます。

すっぴんで出かける時にも、こういったUV対策できる乳液を使っていると、外出先でも安心できるでしょう。

ティントタイプの乳液

乳液というと、肌の蒸発を防いでくれる役割があり、肌を守ってくれるだけのアイテムと思っている人が多いでしょう。

しかし、今では肌を明るく見せてくれるなどの、プラスの効果が含まれているものもあります。ティント乳液を使うことで、化粧下地として活躍してくれるものもありますから、こういった乳液を選ぶことで、時短メイクを叶えてくれます。

関連記事一覧