キレイな人は始めてる!美に効くココナッツオイルの使い方

ココナッツオイル
美容・健康

すでに美容健康に敏感な人の間では定番となっているココナッツオイル。その使い方を知っていますか?食べるだけではないココナッツオイルのメリットについて理解して、驚くような効果が得られる使い方をマスターしましょう!

今更聞けない!ココナッツオイルとは?

世界中で人気のスーパーモデル、ミランダ・カーが長年愛用していることでも知られるココナッツオイル。国内では数年でニーズが高まり、今ではどのスーパーでも油コーナーで見かけるようになりましたね。美容や健康に良いと、意識の高い人の間でもすでに定番化しており、さまざまな使い方で流行しているのです。

そもそもココナッツオイルは、熱い地域や国で自生するヤシの木になる実から、抽出されたオイルのこと。フィリピンやマレーシア、インドネシアといった太平洋の島をはじめ、南米やアフリカなどで栽培、生産されています。日本では栽培されることが難しいので、これだけ流行していても商品として流通しているココナッツオイルはすべて海外産のものです。

ココナッツオイルの成分・効能は?

それでは、なぜココナッツオイルがここまで注目されているのでしょうか? 秘密となる栄養成分や効能についてまとめてご紹介します。

中鎖脂肪酸の中でもラウリン酸が豊富

ココナッツオイルには中鎖脂肪差が豊富で、中でもラウリン酸が半分以上を占めています。ラウリン酸によって、体内の抗菌、抗炎症を助けてくれます。

健康ブームの中で、油の取り扱いや選び方も変わってきました。余分な脂肪となりやすいと避けられやすい油ですが、ココナッツオイルは体内に入るとすぐに肝臓でエネルギーとして使われるため、体脂肪として蓄積されにくいのです。調理油として一押しなのも納得できるはず。

ビタミンEの抗酸化作用

ビタミンEが豊富なのもココナッツオイルな大きな魅力です。内蔵の機能や肌などの老化を進める酸化作用を抑えてくれる働きがあるビタミンEは、アンチエイジングにはかかせません。

ストレスや紫外線など日常生活の中で自然にしていても体内で発生してしまう活性酸素は、全身の老化を進めるほか、冷え、腰痛や肩こり、生活習慣病などとも関係しています。ビタミンEがこうした活性酸素が作られるのを防いでくれるので、健康な状態を保つために働いてくれるのです。

関連記事一覧