豊富なビタミンCで美肌対策に!おすすめローズヒップ5選

美容・健康

ローズヒップは豊富に含まれるビタミンCやビタミンEの働きで美肌、シミの予防、抗酸化作用によるアンチエイジング効果で人気となっています。ローズヒップティーなどで気軽に楽しめる点も人気の理由です。種子を絞ってできたローズヒップオイルにも美容効果が認められています。今回はローズヒップの効果やメリットなどご紹介いたします!

ローズヒップとはどういう植物なのか

ローズヒップはビタミンCが豊富に含まれることから、最近、急速に日本で人気が出てきた健康食品です。

このローズヒップとは名前の通り、バラになる赤い実のことを指します。

食用・美容用のローズヒップとして使われる代表的な品種としては、ドッグローズ、スイートブライア、ハマナスなどがあります。ハマナスは日本でも北海道や東北地方などで古来より自生していた野ばらの一種です。

ちなみに、ハマナスは夏、ドッグローズとスイートブライアは秋に実をつけます。

ローズヒップが有名になった由来

ローズヒップが健康食品として有名になったのにはある由来があります。

その由来とは、第二次大戦中にドイツ軍によって柑橘類の補給を分断されたイギリスが子供達のビタミンC補給のために、ローズヒップのシロップを配布して栄養不足になることを防いだという事実です。

このことから、ローズヒップがビタミンCを豊富に含む食材として世界的に知られるようになっていきました。

第二次世界大戦中、英国はドイツ海軍Uボートの海上封鎖によりオレンジの輸入がストップした。ビタミンCの補給のため、英国の学童たちは生垣に生えているローズヒップの採集を命じられたことがある。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%97

関連記事一覧