走ってカロリー消費ダイエット!効果が出やすいジョギング・ランニング方法

ジョギング・ランニングでダイエット!その効果は?
ダイエット・運動

ダイエットをしている方で、ジョギングをしている方は非常に多いと思います。しかし、実際どのくらいカロリーが消費されていたり、健康に影響があるのかというのは分からないですよね。今回はそんな「ジョギングの効果」について細かくまとめたいと思います。皆さんも納得してジョギングをしましょう!

“ダイエットに効果的な運動”と言えば、「ジョギング・ランニング」ですよね。しかし、これらがどのくらいカロリーを消費してくれるのか、またダイエットだけにしか効果がないのかというのは、知らない方も多いかと思います。今回はそんな「消費カロリーとその効果」を軸に、まとめてみたいと思います。是非参考にしていただき、あなたのジョギング・ランニングライフに活かせられればと思います!

ジョギングとランニングの違い

ジョギングとランニングは、「速度・心拍数」「目的」「練習方法」など、多くの点で異なります。

簡単に言えば、運動強度が「ジョギング<ランニング」ということです。速度ではジョギングは「時速6km」、ランニングは「時速10.7km」、心拍数は「120/分」、「140/分」という具合です。

消費カロリーは以下の通りです。

目的としては、ジョギングでは「体力をつける」、ランニングでは「カロリーを多く消費する」というのが代表的に挙げられます。

ジョギング・ランニングで得られる効果

ダイエット、カロリー消費に冷え性対策にも!

大きくジョギングでは「体力がつく」、ランニングでは「カロリーが多く消費できる」というのがあります。

ジョギングでは、LSDという練習方法が有名で、これは「Long Slow Distance」の略で、「友達と話せるくらいのスピードで、長時間走り続ける」というものです。練習全体としてはきつくはないのですが、ある程度のスピードを、長時間(◯時間)と続けることは意外にきつく、体力全体を底上げすることにつながります。

この他にも、足の部分の血行がよくなるので、霜焼けや冷え性にも効果的です。

一方ランニングですが、ジョギングとは違い、走るスピードが少々上がります。ですので、当然疲れもし、怪我もしやすくなるのですが、消費カロリーは一番多いです。ダイエットには効果的と言えます。

ダイエット時の食事メニューについて

「ダイエットをしたい」「試合前だから、減量したい」という場合、食事制限をすることが効果的です。しかし、急に食事制限を行ってしまうと、ストレスがかかってしまい、全体的によくありません。

基本的な考え方と流れは、

  1. 自分が摂取すべきカロリーを把握する
  2. それに見合うような食事を考える
  3. その過程を見て、修正等々を図っていく

という流れです。

ポイントは「徹底的に減らす」のではなく、「代替する」という考えです。

例えばいつも、朝ごはんに「ご飯・おかず・汁物・ヨーグルト」を食べていたとしたら、「4種類」というのは保ったまま、他のものに代替するということです。これを行うことで、無理なく食事制限ができるようになります。

具体的な食事メニュー

具体的な食事メニューですが、全体的に主食は少なめにしましょう。考え方としては、ご飯の量を少なめにして、その分他で補うということです。

タンパク質に関しては、肉よりも魚を取り入れましょう。肉はタンパク質も豊富に含んでいますが、脂分も多いです。

そして食物繊維とビタミンの摂取ということで、野菜も多く取りましょう。

これが全体的なメニューですが、この他に「汁物」も入れてあげましょう。味噌汁やけんちん汁などあると思いますが、汁物を食事の最初に飲んであげることで、満腹感を感じやすくなります。そうすることで、ご飯の量を減らしても相対的に満腹度は同じように感じることができます。

関連記事一覧