肌負担をかけずにメイクを落とす。クレンジングの正しいやり方と選び方

メイク・コスメ

メイクをすれば、クレンジングを行うのは当然のこと。しかし、中には間違ったクレンジングやクレンジングをしないことが原因となり、肌トラブルを起こしてしまう人もいます。では、それぞれのクレンジングタイプ別、正しいクレンジング方法をご紹介しましょう。

クレンジング剤とは

毎日、当たり前のように使っているクレンジング剤ですが、その役割や意味合いを知らないまま使っている人も多いはず。
そもそも、クレンジング剤はメイクを落とすことが目的のアイテム。油性の汚れを落とすという意味合いがあり、メイク汚れをしっかり落とすことができる、頼もしいアイテムです。

正しいクレンジング方法とは?

毎日、自然と行っているクレンジング。日課となってしまっているため、改めて自分のクレンジング方法を見直したり、間違っているかもと疑うことはないでしょう。しかし、せっかくのクレンジングも方法が間違っていると、肌トラブルの原因を作りだしてしまうこともあります。
では、正しいクレンジング方法をご紹介しましょう。

1.まずは手を洗おう!

みなさんは、クレンジングを行う前に、しっかりと手を洗っていますか。意外と手を洗わないまま、クレンジング剤を手に取ってしまう人も多いはず。
せっかくのクレンジングも、汚れた手で行ってしまえば、手に付いた雑菌が顔につき、肌トラブルを生んでしまう可能性があります。クレンジングを行う際には、まずは手を洗ってからはじめましょう。

2.ポイントメイクから落とす

メイクというのは、顔全体同じメイクをしている訳ではありません。アイメイクにこだわっている人、リップにこだわっている人は、濃い目のメイクをしているのではないでしょうか。
そのため、まずはポイントメイクから落とすことが基本。アイシャドウやマスカラ、口紅などは、専用のリムーバーも販売されていますから、こういったアイテムを使ってしっかりと落とすようにしましょう。

3.適量のクレンジングを馴染ませる

ポイントメイクを落としたら、顔全体のメイクを落としていくことになります。ここではじめてクレンジングを手に取ることになりますが、この時適量を手に取ることが大切。ケチってしまい、少量でメイクを落とそうとすると摩擦が起こり、肌刺激を作ってしまいます。クレンジング剤には、それぞれ適量が記載されていますから、これを参考に量を調節し、肌に優しいクレンジングを行いましょう。
クレンジングの順番は、脂っぽいTゾーンから行うことがポイント。次に頬、そして皮膚の薄い口元や目元にクレンジングを馴染ませ、優しく汚れを落としましょう。

4.ぬるま湯でしっかりとすすごう

クレンジングでメイク汚れを浮かせたら、最後はぬるま湯ですすぐことになります。しっかりと汚れを落とそうと、熱めのお湯でおとす人もいますが、暑いお湯は肌乾燥の原因となります。
クレンジングのすすぎは、30度から32度程度のぬるま湯が理想的。手に触れた時、少しぬるいと感じる程度ですすぐようにしましょう。こめかみは、クレンジング剤が残りやすいですから、肌に残らないようにすすぐことが大切です。

【タイプ別】クレンジング方法のポイント

クレンジングシートでのクレンジング方法のポイント

クレンジング方法の中で、一番簡単にメイク落としが出来るタイプとなるクレンジングシート。疲れて帰ってきた時には、とても便利なクレンジング剤といえるでしょう。
クレンジングシートでメイクを落とす際には、何よりも肌をこすり過ぎないことが大切。シートでゴシゴシとこすってメイクを落とそうとすると、摩擦が加わり、肌負担を与えることになります。メイクシートでメイクを落とす際には、優しくメイクを拭き取ることが大切です。

オイルタイプでのクレンジング方法のポイント

メイク落ちが良いと感じるオイルタイプを、好んで使っている人も多いはず。特に、濃い目のメイクの人にとっては、オイルタイプのクレンジング剤を選んでいる人が多いでしょう。
オイルタイプでクレンジングを行う際には、乳化させることが大切。乳化させるためには、クレンジング剤を肌に馴染ませた後、手に残ったオイルに水分を加えること。水分を加えたクレンジング剤は白く濁りますが、これが乳化のサイン。乳化したクレンジング剤は、力を入れなくてもオイル独特のべたつきなども簡単に落とすことができます。

クリームタイプでの正しいクレンジング方法のポイント

比較的肌に優しいタイプのクリームタイプのクレンジング剤。テクスチャーがしっかりしているため、メイクを馴染ませる際に肌負担を抑えることができます。
クリームタイプの場合には、肌に付ける前に手のひらで温めることがポイント。温めることで、肌馴染みが良くなり、摩擦を抑えることができます。そうなれば、自然とクレンジング時間も短縮することができますから、肌刺激も抑えることができるでしょう。

リキッドタイプでのクレンジング方法のポイント

さらさらとしたテクスチャーを好んでいる人は、リキッドタイプを使用している人が多いのではないでしょうか。リキッドタイプは、マツエクを付けている人も使用できますし、濡れた手でも使用することができますから、便利に活用している人が多いでしょう。
リキッドタイプのクレンジングは、アイメイクから落とすことがポイント。そして、Tゾーン、頬、口元といった順で優しくメイクを落としましょう。

ミルクタイプでの正しいクレンジング方法のポイント

柔らかいテクスチャーが特徴のミルクタイプは、肌に優しいクレンジング剤。乾燥しやすい人にとっては、理想的なタイプとなります。
ミルククレンジングは、顔にクレンジング剤を付ける前に、手のひらで温めることがポイント。クリームタイプ同様、温めることで肌馴染みが良くなり、汚れが落としやすくなります。
また、ミルククレンジングはぬるま湯で洗い流すことも大切。ぬるま湯で流すことで、再乳化させることができ、余分な皮脂汚れなどをしっかりと落とすことができます。

ジェルタイプでの正しいクレンジング方法のポイント

ジェルクレンジングは、厚みのあるテクスチャー。そのため、肌摩擦を抑えるクレンジングを行うことができます。また、ジェルクレンジングには油性タイプと水性タイプがあり、それぞれの肌質に合わせて選ぶこともできるでしょう。
ジェルタイプでクレンジングを行う際には、手に取り、軽くも見込むことがポイント。こうすることで、クレンジング剤を温めることができ、肌にすっと馴染ませることができます。ジェルタイプは、肌温度で転相し、メイク汚れを落とすため、時間をかけすぎると汚れが落とせなくなってしまうことがあるため、素早くクレンジングを行うことが大切です。

関連記事一覧