ハイライトの入れ方と種類!人気のあるおすすめハイライト10選

メイク・コスメ

メイクをする際、フェイスラインをすっと見せたい、立体感を出したいと感じることもあるはず。そんな時には、ハイライトを使うことがおすすめ。まだ、使っていない人、使いこなせていない人は、この機会にハイライトの入れ方を覚えてメイク技術をアップさせてみませんか?カラー選びのポイントからハイライトの使い方までご紹介いたします。

ハイライトの効果とは?

顔の立体感を出して、ニキビ跡やくすみも隠したい!

メイクをする際、気になるニキビ跡を隠したり、くすみを隠そうとする人が多いでしょう。しかし、下地やファンデーションだけでは、うまく隠せないもの。

そんな時には、ハイライトを使うことがおすすめ。ハイライトは、気になるくすみやシミ、ニキビ跡などを隠せるだけでなく、顔に立体感を与えてくれます。また、ツヤ感などを出してくれるため、理想的なメイクを叶えることが可能。

ツヤと影で小顔効果があるので小顔を目指している人にとっても、ハイライトは強い味方となってくれるでしょう。

ハイライトの種類

  • パウダータイプ
  • クリームタイプ
  • リキッドタイプ

パウダータイプ

ハイライトと一言で言っても、意外にも様々な種類があります。

分量を調整しやすいパウダータイプは、ハイライト初心者にとっても使いやすいタイプ。指やブラシで、気になる部分に使うことができます。

クリームタイプ

クリームタイプは、発色の良いタイプ。ツヤ感も出しやすく、潤いも与えてくれるため、乾燥が気になる人にはおすすめですが、ヨレやすいため、使いこなすまで時間がかかるかもしれません。

リキッドタイプ

リキッドタイプは液状のため、とても伸びが良いタイプ。ファンデーションの下地としても使用することができますし、ファンデーションの上からも使える優れもの。潤いがあるため、乾燥しやすい人にもおすすめです。

関連記事一覧