洗顔料の選び方と潤いを残す洗顔方法とは?

目指せ美肌!洗顔に欠かせない洗顔料の泡立て方
メイク・コスメ

スキンケア後の感触や使い心地は人によって異なるもの。洗顔後、さっぱりとしたいという人も多いでしょう。しかし、肌を健康的に保つためには、潤いを残す洗顔が必要です。では、さっぱり洗顔はなぜ注意が必要なのか、潤いを残す洗顔方法や理想の洗顔料などをご紹介しましょう。

さっぱり洗顔は乾燥を引きおこす?

肌トラブル

洗顔で、さっぱりしたいと思っている人にとっては、洗浄力の強い洗顔料は使い心地が良いと感じているでしょう。余分な皮脂などもしっかりと落とすことができますから、洗顔後綺麗になったと感じるはずです。

しかし、さっぱり洗顔は洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうことで、肌に必要な皮脂なども落としてしまい、乾燥を起こしてしまう可能性があります。

乾燥を起こしてしまうと、ニキビができやすくなったり、シワなどの原因ともなってしまいますから注意が必要です。

さっぱり洗顔を好んでいる人は、汚れを落とすことは大切ですが、必要な皮脂は残し、肌に潤いが残る洗顔を心がけましょう。

過剰な洗顔は注意が必要

ニキビに悩んでいる人や皮脂分泌が多い人は、常に清潔を保とうと考えるでしょう。そのため、洗顔を必要以上に行っている人も少なくありません。

洗顔は、肌にとっても必要なこと。しかし、過剰な洗顔は肌にとって負担となり、トラブル肌の原因を作りだしてしまうこともあります。

また、汚れを落とそうと思うと、ゴシゴシと力を入れて擦ってしまいがちですが、肌を擦る行為は肌刺激となり、肌トラブルの原因となってしまいます。肌は思った以上にデリケートですから、常に優しくケアをすることを心がけましょう。

潤いを残せる洗顔方法とは?

肌に潤いを残す洗顔を目指すためには、まずは肌に負担をかけないことが重要。そのため、洗顔料は肌刺激の少ないものを選び、洗浄力の強すぎるものは避ける必要があります。

そして、洗顔の際には洗顔料をしっかりと泡立て、手ではなく、泡で洗うことがポイント。泡を肌の上で転がすようなイメージで、泡で汚れを落とすように洗顔を行いましょう。こうすることで、肌摩擦を抑えることができ、優しい洗顔、潤いを残す洗顔をすることができます。

関連記事一覧