化粧崩れを防ぐためにベースメイクの正しい作り方を知ろう

CCクリーム
メイク・コスメ

みなさんはメイクをする際、ファンデーションを付ける前に正しいベースメイクができていますか。メイク崩れが気になる人は、ベースメイクがしっかりと出来ていない可能性があります。では、基本のベースメイクやその作り方、おすすめアイテムについて、ご紹介しましょう。

化粧崩れが気になる方はベースメイクがきちんとできていますか?

メイク悩みを抱えている人の中には、すぐにメイクが崩れてしまうと感じている人が少なくありません。しっかりとメイクをしているはずなのに、モチが悪いとなると、「どうして、こんなにメイク崩れしてしまうのだろう」と感じるでしょう。同僚の中には、夕方になっても綺麗にメイクされている人もいるでしょうから、「どうして、私だけ」と思っている人もいるはず。

そんな人は、ファンデーションを付ける前に、しっかりとベースメイクをしていますか。今では、下地なしで使えるファンデーションなども増えてきていますが、やはりメイク崩れなどが気になるのであれば、ベースメイク作りが欠かせません。

基本のベースメイクとは?

化粧下地

基本のベースメイクで最初に用いるのは、化粧下地。各メーカーから、様々なタイプの化粧下地が販売されていますから、これらを上手に取り入れることがおすすめ。

そもそも、化粧下地にはどういった役割があるかというと、肌の凸凹をカバーしてくれたり、毛穴をカバーしてくれます。そして、ファンデーションのノリを良くしてくれ、メイクモチもアップさせてくれます。

中には、色ムラ調整してくれるものや紫外線対策機能がついているものもありますから、それぞれの目的に合った化粧下地を選ぶことがおすすめです。

ファンデーション

化粧下地で肌を整えたら、ここでファンデーションをつけることになります。ファンデーションには、様々なタイプがありますから、それぞれの肌質や目的に合ったファンデーションを選ぶようにしましょう。

ファンデーションは、肌を綺麗に見せてくれ、肌悩みをカバーしてくれるアイテムですから、ここでしっかりと肌をカバーすることで、理想的な肌に近づけることがきます。

フェイスパウダー

メイクの際、ファンデーションをつけたら、そこでメイク終了となってしまう人も多いですが、メイクのモチをアップさせたいと思うのであれば、フェイスパウダーをプラスすることがおすすめ。

フェイスパウダーには、ファンデーションをより密着してくれる役割があり、ファンデーションを長時間綺麗に見せてくれます。

また、フェイスパウダーには毛穴や凸凹をカバーしてくれ、明るい肌を作りだしてくれますから、理想的なベースメイクを作ることができるでしょう。

関連記事一覧