知ってた?足痩せもできる縄跳びダイエットの方法!

縄跳びダイエット
ダイエット・運動

縄跳びダイエットはセレブやモデルの間でも話題になっているダイエット方法。小学校の体育の授業でも取り入れられている縄跳びですが、実は手軽にできるおすすめのエクササイズです。今回は縄跳びダイエットについてご紹介したいと思います。

縄跳びダイエットが密かに流行中?

縄跳びダイエット

「縄跳び」というと、小学校の体育の授業を思い出す人が多いのでは?なかには交差とびや二重とびといったバリエーションもできるという縄跳びの強者がいるかもしれませんね。

実は最近、ケイティ・ペリーやヴィクトリアズシークレットの人気モデルといったセレブ達の間でも、この縄跳びを使ったダイエットが密かに流行しているようです。

縄跳びダイエットが人気になっている理由は、縄跳びが短時間でもエネルギー消費効率が非常に良いエクササイズだからです。

さらに、縄跳びは全身運動にもなり、下半身をはじめ、特にふくらはぎを鍛えることができるので、美脚にも効果があります。

そんな縄跳びダイエットのやり方効果についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

縄跳びダイエットはこんな人におすすめ

縄跳びダイエットがおすすめの人

縄跳びダイエットの一番のメリットは、短時間でも十分な効果が得られ、少ないスペースでも気軽にできることです。

たとえば、30分ウォーキングをすると約100kcalのエネルギーが消費されますが、縄跳びダイエットなら10分続けるだけで200kcalものエネルギーが消費されるのです。驚くほど効率的ですね。

また、ジョギングやウォーキングのように走る場所や時間帯を考えなくても、屋上や自宅の前など、車一台分のスペースがあれば、いつでも実施できます。しかも、縄跳び本体は、100均でも購入できるのでとてもリーズナブルです。

このように、縄跳びダイエットは運動をしたくても、なかなか時間の取れない人、手っ取り早くダイエットをしたい人などにおすすめできるエクササイズなのです。

縄跳びダイエットの効果

縄跳びはジョギングやウォーキングと同じ有酸素運動と考えている人がいるかもしれませんね。

有酸素運動は、体に蓄えられている体脂肪をエネルギーとして使うためダイエットには最適と言われています。また、所説はありますが一般的に脂肪が燃焼されるには、有酸素運動を20分以上続ける必要があるとも言われています。

縄跳びは有酸素 or 無酸素運動どっち?

縄跳びをしたことのある人なら解ると思いますが、ほんの数分やっただけでも息が上がってしまいます。普段から運動習慣のある人でも、10分続けるのもかなりキツいと思います。当然ながら脂肪燃焼効果が上がる20分以上も続けるのはかなり無理がありますね。

つまり、縄跳びダイエットは有酸素運動と無酸素運動をミックスさせたエクササイズと言える側面があるのです。ダッシュ→休憩→ダッシュ→休憩を繰り返すHIIT(高強度インターバルトレーニング)に近い要素があるのです。

たとえば、1〜3分ごとに休憩を挟む方法で縄跳びダイエットを行えば、インターバルトレーニングと同等の効果が期待できるので、体脂肪を減らしながら筋力を上げることも可能なのです。

心肺機能の向上

縄跳びダイエットでは脂肪燃焼効果はもちろんですが、心肺機能の向上も期待ができます。

縄跳びダイエットのやり方次第では、インターバルトレーニングと同等の効果があると紹介しましたが、実はインターバルトレーニングこそ心肺機能を強化するためのトレーニング方法なのです。

縄跳び→休憩→縄跳び→休憩、といったように、スピードのある縄跳びで短時間で心拍数が上げたら休憩を挟むことで、何度も心拍数を上げることができます。こうしたトレーニング方法はダイエットだけでなく、心肺機能向上にも最適なのです。

ふくらはぎ痩せ(足痩せ)にも効果的

縄跳びをしたら、ふくらはぎが筋肉痛になってしまったという人が多いようです。

縄跳びのジャンプは、かかとを床につけず、つま先だけを使うため、ふくらはぎを鍛えることもできるのです。引き締まったふくらはぎは足首とのメリハリが出るため美脚には欠かせません。

とくにスカートを着る機会の多い人は、常にふくらはぎが露出された状態です。ふくらはぎが引き締まっていると、それだけで脚のラインがきれいに見えますね。

また、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていて、下半身の血流を心臓に押し戻すポンプの役割があります。そのため、体全体の血行が促進され、体全体の代謝アップにもつながります。

ダイエットにも最適なうえ、足がむくむといった症の改善にも効果的です。

続いて、だわトビダイエットの方法のご紹介!

関連記事一覧