毎日を幸せに!幸せホルモンの分泌を促す生活習慣

ライフスタイル

みなさんは、今幸せですか。幸せと思えない人は、幸せホルモンが不足しているかもしれません。幸せホルモンを増やすことができれば、もっと前向きに考えることができるようになります。泣いたり笑ったり、呼吸をしたり食事に気をつけたり、効果はどうすれば増やすことができるのかご紹介します。

幸せホルモンとは?

みなさんは今、幸せですか。

笑顔で過ごしていますか。

人生をより楽しむためには、幸せを感じて過ごすこと。

しかし、なかなかこの幸せを実感できていない人も少なくありません。

同じ時間を過ごすのであれば、幸せを感じたいもの。

実は、幸せをもたらせてくれる際には、セロトニンとオキシトシンが関係しています。

では、それぞれの作用をご紹介しましょう。

セロトシン

セロトシンは、ストレスに立ち向かう心を導いてくれる作用があります。

嫌なことが合っても、ネガティブな感情ばかりに包まれるのではなく、前向きに考えることができるようになるでしょう。

平常心を保ち、モチベーションを高めてくれたり、依存性を抑制してくれる効果などがあるため、セロトシンを増やすことでストレスにも強くなります。

オキシトシン

オキシトシンには、人間関係を作る上でプラスの作用を導いてくれます。

人付き合いが苦手な人、避けたいと思っている人も、オキシトシンを増やすことで人付き合いを前向きに考えられたり、他者への好奇心が生まれるでしょう。

一人の時間も大切ではありますが、友達との時間も楽しいもの。

オキトシンが増え、社交的になれば、人付き合いは楽しめるようになるでしょう。

幸せホルモンにはどんな効果があるのか?

幸せホルモンと言われても、どういった効果があるのかピンとこない人も多いでしょう。

実は、私たちの感情は行動によって変わってきます。

興奮した時、不安を感じた時には、アドレナリンなどの神経伝達物質により、様々な感情が沸いてきます。

セロトニンとオキトシンは、幸せホルモンと言われる神経伝達物質となっており、感情を幸せへと導いてくれます。

そのため、幸せホルモンが増えることで、幸せな気分になれたり、不安や恐怖心、ストレスを減らしたりする効果があります。

幸せホルモンを増やすことができれば、落ち込みやすい、ストレスを貯めこみやすいと思っている人でも、前向きに考えることができるようになり、幸せ度数を増やすことができるでしょう。

関連記事一覧