怪我しやすいのはどこ?ヨガインストラクターも怪我をする

ヨガ

ヨガをやっていて身体を痛める生徒さんがいるけど、ヨガインストラクターはケガをしないの?と疑問に思っている方もいるかもしれませんが、ヨガインストラクターも同じ人間なので、もちろん身体を痛めたりケガをすることはあります。しかし生徒さんとは少し違うシチュエーションが原因のことが多いのです。今回はヨガインストラクターのケガ事情を予防法も含めてご紹介します。

ヨガインストラクターも怪我をする

腰痛

ヨガインストラクターは完璧な存在だから体を痛めたりケガをすることはない、と思っている方もいるかもしれません。

しかし、もちろんヨガインストラクターも人間ですし、ヨガを自分のためにするのとヨガを指導するのでは全く異なることということを理解してあげてください。

そして、体を痛めたりケガを経験したことのあるインストラクターは、ヨガインストラクターになってからそれらを患うことが多いです。

意外かもしれませんが、その理由はヨガインストラクターならではのものでした。

柔軟性より筋力が大事

新米ヨガインストラクターにありがちなのが、クラスの中でデモンストレーションを頑張りすぎてしまうこと。

しかも、ヨガインストラクターは柔軟性が高い人が多いので、必要以上に柔軟性を使ってデモンストレーションを行ってしまい、気が付いたときには体を痛めていたりケガをしていたりすることがあります。

ヨガのポーズを行うときに何よりも大事なのは、正しいアライメントで正しく筋力を使いアーサナを行うことです。

多くの人が、ヨガ=柔軟性がないとできないと思っていますがこれは間違えで、正しくは柔軟性より筋力の方が大事なのです。

柔軟性が高い人は筋力がなくても勢いでほとんどもアーサナを行えてしまいますが、筋力を使えていないことになるので小さなダメージが蓄積されていき、いずれ大きなケガなどになって表れてきます。

これは柔軟性が高いヨガインストラクターがケガをしやすい理由の一つです。

ヨガは見世物ではない

こちらも新米ヨガインストラクターにありがちなことですが、ヨガのアーサナを見せることに必死になっていて、表面的でファッション感覚のヨガをしてしまうことがあります。

いかに美しいアーサナの写真を取ってSNSにアップするか、いかに完璧なポージングを生徒さんに見せれるか、などに執着しすぎるとヨガの本質的な部分からかけ離れてしまうのでいずれ体を痛めたりケガにつなる可能性があります。

たしかにヨガのアーサナは美しいですが、ヨガは自分のために行うもので、見世物ではありません。

練習のしすぎは禁物

ヨガインストラクターはヨガの練習を欠かさず、常に成長し続けるものだと思っている人も多いと思います。

しかし、ヨガインストラクターも生徒と同じく人間なので、過剰な練習は禁物です。

練習することはいいことなのですが、体に負担をかけすぎると股関節や膝関節・腰などのケガにつながりやすいので注意が必要です。

プロのヨガインストラクターに必要なことは、練習・休息・セルフメンテナンスのバランスです。

きちんと体と心のメンテナンスが行えるかどうかが、プロとして成功するカギではないでしょうか。

cocolife-yoga

30,130 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧