7つのエネルギースポット!ヨガのチャクラとはどんなもの?

チャクラ
ヨガ

ヨガを実践していくと、チャクラを刺激するポーズを多くとっていくことになります。人の体には7つのチャクラポイントがあると言われますが、チャクラって一体どんなものなのでしょう。刺激をするとどんなことが起こるのでしょうか。

チャクラとはどういうものなの

チャクラという言葉は、古代インドで使用されていたサンスクリット語で、意味は「円」「車輪」などです。

私たちの体の中心軸に沿うように、エネルギーの管が通り、チャクラはそのライン上に存在するエネルギーの出入り口です。

チャクラの名称と役割

それでは早速、体に存在するチャクラの位置、そして活性化することで得られる効果を見ていくことにします。

チャクラ

第1のチャクラ「ムーラーダーラ・チャクラ」

第1のチャクラであるムーラーダーラ・チャクラは、会陰部、肛門と生殖器の間に存在します。別名、ルートチャクラと呼ばれるように、体のエネルギーの根本的なものです。

活性化すると、生命力や気力が満たされます。大地とつながるような安定感、ぶれない行動力がほしい時に活性化させるといいでしょう。

第1チャクラは赤で象徴されます。

第2のチャクラ「スワーディシュターナ・チャクラ」

スワーディシュターナ・チャクラは、丹田(へその下へ指4本分)のあたりに存在します。感受性や、創造性、情緒のバランスなどに影響を与えます。

活性化すると、創造力や生きる幸せ、生命のいとしさなどを感じることができます。創造力が必要な時に活性化させるといいでしょう。

第二チャクラはオレンジで象徴されます。

第3チャクラ「 マニプーラ・チャクラ」

第3チャクラのマニプーラ・チャクラは、みぞおち周辺に存在します。別名、太陽神経叢のチャクラとも言われ、意志や自己判断などに影響を与えます。

活性化すると、感情が豊富になり、他人との調和をうまくとれるようになります。対人トラブルなどで気持ちが沈んだ時に活性化させると、人間関係の修復に役に立つでしょう。

第3チャクラは黄色で象徴されます。

第4チャクラ「アナーハタ・チャクラ」

アナーハタ・チャクラは胸に存在する愛情のチャクラです。アナーハタには、2つのものが触れ合うことなく発せられる神秘的な音という意味があります。

活性化することで思いやりが生まれ、愛情が深まります。このチャクラが閉じたり、鈍くなると、不平不満が多い、愚痴をいう人間になってしまいます。

第4チャクラは緑色で象徴されます。

第5チャクラ「ヴィシュッダ・チャクラ」

ヴィシュッダ・チャクラは喉に存在するチャクラで、ヴィシュッダとは清めるという意味を持っています。また、のどのチャクラとも呼ばれ、感情を言葉にすることに影響を与えます。

コミュニケーション能力を司るチャクラなので、活性化することで、人との付き合い方がいい方向へ動いていきます。コミュニケーションをうまくとりたい時などに刺激をするといいでしょう。

第5チャクラは青色で象徴されます。

第6チャクラ「 アージュニャー・チャクラ」

アージュニャー・チャクラは眉間に存在するチャクラです。インド人がビンディを貼っている場所です。日本では第三の目とも呼ばれ、直観力や集中力に影響を与える場所として有名です。

活性化すると直観力が働き、自分らしく生きることができ、自分の願望を確かなものにできるようになります。

第6のチャクラは紫色で象徴されます。

第7チャクラ「サハスラーラ」

サハスラーラは頭頂に存在するチャクラで、特別なエネルギーを持っているチャクラです。ヨガを行う真の目的は、このチャクラを開き、覚醒されることなのです。

ヨガを行う人はよく耳にする「解脱」「三昧」はこのチャクラが開いたときに起きる現象です。開くことは難しい事ですが、活性化させることで、穏やかで、物事にとらわれない気持ちになれるでしょう。

第7チャクラは白色や金色で象徴されています。

関連記事一覧