体が硬くても大丈夫!初心者でも簡単ヨガポーズ集!

体が硬くても大丈夫!初心者でも簡単ヨガポーズ集!
ヨガ

体が硬いからヨガは無理・・・と諦められている方も多いでしょう。しかし体が硬い方向けのポーズもあるんです。初心者の方でも簡単なヨガのポーズをご紹介します!是非、参考にしてくださいね。

体が硬くてもヨガはできる?

ヨガは世間一般の人から見ると、体が柔らかい人がするものと思われがちです。ポーズ自体も難しく思われ、体の硬い人には敬遠されがちです。
しかし、難しいポーズをすることがヨガではなく、ヨガは深い呼吸法からリラックスと集中、そして正しい姿勢をとることが基本です。
ヨガは心身のバランスを整えてくれます。
そのため、体の硬さは関係ありません。・・・といっても、難しいポーズは誰しもができるわけではありません。
そこで初心者の方にもできるポーズをご紹介します。

ヨガの三大要素って何?

アーサナ(ポーズ)

ヨガでまず思い浮かぶのがさまざまなポーズです。ポーズに集中し、コントロールすることで血液の流れをよくし、体の柔軟性を高めていきます。
アーサナは運動ではなく、姿勢や体勢のことで、正しい姿勢を維持するために、精神と肉体のバランスの調和がとれていない正しく行うことはできません。
その心身全体の安定が目的とされています。

呼吸法

ヨガの呼吸法にはさまざまあり、代表的な6つの呼吸法があります。
腹式呼吸、胸式呼吸、方鼻呼吸(ナーディ・ショーダナ)、ウジャイ呼吸、カパラバディ呼吸、シータリー呼吸とあります。
代表的な腹式呼吸は、気持ちを落ち着けたり、リラックスできる効果があります。
胸式呼吸は、体をリフレッシュしてくれる効果があります。
方鼻呼吸は、体のバランスを整える効果があり、ウジャイ呼吸は、体を温める効果があり、カパラバディ呼吸は、血行をよくし、スッキリさせる効果があります。シータリー呼吸は、体温を下げる効果があります。
呼吸は、心と体、そして感情までもコントロールしてくれます。

瞑想

心を静かに落ち着けて、ストレスを軽減してくれる効果があります。
瞑想は、心の内側に集中させ、精神にも肉体にもポジティブ思考にならせてくれます。
瞑想はリラックス効果も得られるので、心身の疲労回復にも効果があります。

初心者の方でも簡単!ダイエットに効果のあるポーズ

赤ちゃんのポーズ

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるようなポーズです。
体を丸めてキープするだけの比較的簡単なポーズです。
腰をストレッチし、全身をリラックスさせてくれます。

1.まず床に膝を立てた状態で、仰向けに寝ます。
2.両膝を腕で抱えて膝に頭を近づけるような感じで体を少し丸くします。
3.ゆっくり呼吸を行います。
4.1の状態にゆっくり戻していきます。

関連記事一覧