太ももをシェイプアップ!美脚をつくるおすすめ筋トレとストレッチ方法

ダイエット・運動

すらっと長い足はいつ見ても憧れますよね。ダイエットで悩む方で多いのはこの足、とりわけ「太もも」をどう細くするかです。今回はそんな太ももを細くするのに効果的な筋トレとストレッチをご紹介したいと思います!コツコツ行えば誰でも細くすることができるので、是非今日から行ってみてください!

皆さんはダイエットを行って、どこを細くしたいですか?「太ももを細くしたい」と思う人は、とても多いのではないのでしょうか。太ももというのは、大きな筋肉がついているため、筋肉や脂肪で、簡単に太くなってしまいます。そうであるからこそ、女性も、そして男性も悩む方が多いのだと思います。今回はそんな太ももをスラっと細くする方法についてまとめたいと思います。是非行って理想の足を手に入れてください!

そもそもどうして太いのか

太ももというのは、人間が生活する上で、非常に重要な役割を担っています。それは「立つ、座る、歩く、走る」というすべての「動きの基本」になるからです。海外の陸上選手が日本人とかけ離れて走るのが速いのは、骨盤から膝にかけての「骨」や「筋肉」の発達が著しいせいなのです。それほど太ももというのは非常に重要な筋肉を備えています。また、太ももは下半身ですが、姿勢が悪く、リンパの流れなどが悪くなると水分が溜まりやすいのは下半身ですから、太ももがむくんだり、ということも起きます。良くも悪くも太ももというのは重要になってきてしまうわけです。

どうすれば細く美脚にすることができるのか

太ももが太いというのは大きく二つあって、ただ「脂肪」により太いか、「筋肉の付きすぎ」で太いかのどちらかです。特に後者が厄介なのですが、どちらにせよ太ももを細くするのは「内転筋」という筋肉と、「ハムストリングス」という筋肉を鍛えることが必要になります。簡単に言うと、太ももを上から見た時、「前」にあたる筋肉ではなく、サイド、特に内側の筋肉と、モモ裏の筋肉のことです。「前」の筋肉はスクワット等で簡単に鍛えられるのですが、内側と裏側は方法を知っていて、しっかり意識して行わないとなかなか鍛えることができません。ですので、これらの筋肉をバランス良く鍛えてあげることが、全体として太ももを細くする方法につながります。

太ももを細くするストレッチ

まずは鍛える筋肉を柔らかくしましょう!

1.腿前側の筋肉をほぐす

この筋肉を伸ばす方法は非常に簡単です。「正座したまま仰向けに寝る」というだけです。硬い方は倒れられないと思うので、手で支えながら徐々に行けるところまで行いましょう。急にバンッと寝てしまうと痛めてしまうおそれがあるので、布団などの柔らかいものの上でゆっくり行ってください。

2.内転筋をほぐす

内転筋というのは「股関節」の筋肉と場所が非常に近いです。ですからまずは「股関節を伸ばす」ストレッチを行いましょう。

1.あぐらをかくようにして、足の裏と裏をくっつけます。
2.それらを自分の股間にグッとひきつけます。
3.そのままゆっくり前に倒れます。(この時、両肘で浮いてきてしまう足を下に押さえつけます。)

これを30秒、2セット行いましょう。

1.次にその状態のまま、足を片方伸ばします。
2.そして、その伸ばした方の足の方に倒れ、足の裏を触るイメージで倒れます。
3.息を吐いたままキープさせます。

これも30秒、2セット・両足ずつ行います。

3.ハムストリングスをほぐす

こちらは「モモ裏」の筋肉になります。

1.まず足を前に両方伸ばします。
2.どちらか片方のくるぶしを、もう一方の足の膝の上に乗せます。
3.そのまま伸ばしている足の裏を触るイメージで前に倒れます。
4.必ず息をしながら、無理をしない程度に30秒キープします。

これを両足、2セットずつ行いましょう。

関連記事一覧