キメ細かい泡で目指せ美肌!洗顔料の泡立て方

目指せ美肌!洗顔に欠かせない洗顔料の泡立て方
メイク・コスメ

洗顔には、洗顔料を使うのが基本。肌に負担を与えず、更に綺麗に汚れを落とすためには、洗顔料をしっかりと泡立てることが大切です。泡を作るためには、コツがあります。今では、便利なアイテムなどもありますから、上手に取り入れて、理想的な洗顔をはじめましょう。泡立てるためのコツやおすすめの泡立てアイテムまでご紹介いたします。

洗顔料はなぜ泡立てが必要なのか?

スキンケアで大切なのは、何よりも肌に負担や刺激を与えないこと。せっかく、肌に良いことをしていても、肌に負担や刺激を与えてしまえば、意味がなくなってしまいます。

洗顔も同様。どんなに肌を清潔を保とうと思っていても、ゴシゴシとこすってしまうような洗顔をしていれば、肌は傷ついてしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。

そして、洗顔料を用いる際には、しっかりと泡立てて使うことが大切。泡をしっかりと作ることで、肌への刺激を抑え、更に汚れを落としやすくします。

泡で汚れを落とす

汚れを落とそうとすると、洗顔料を肌に直接付けた方が、汚れが落としやすいと思っている人も多いでしょう。

しかし、隅々まで汚れを落とすためには、しっかりと泡立てることが必要。泡で洗うことで、より洗う面積が広くなり、しっかりと汚れを落とすことができます。

また、泡で洗うことで肌への摩擦を抑えることができ、肌刺激、肌負担も抑えることができます。


水だけの洗顔はだめ?

肌刺激や負担を考えると、「洗顔料を使わない方が良いのでは?」と思われる人も多いでしょう。確かに、洗顔料の中には肌刺激となる成分が含まれているものもありますから、使わない方が負担は減らすことができます。

しかし、洗顔はあくまでも汚れを落とすことが目的ですから、汚れを落とすためにはやはり洗顔料の力が必要です。洗顔料を用いることで、水だけでは落とせない皮脂や汗なども落とすことができます。

泡立てるためのコツ

洗顔時の泡立てに、苦労している人も多いはず。忙しい朝などは、ついつい面倒くさくて泡立てずに洗顔を行っている人もいるのではないでしょうか。

洗顔料の泡立ては、コツさえつかめば簡単に作ることができます。まず、泡立てる際には、手を洗ってから行うことが基本。洗顔料を手に取り、泡立てていきますが、この時ケチってしまうとしっかりとした泡を作ることができません。チューブタイプの洗顔料であれば、2�pから3�p程度、固形の場合には手の上で何度も転がし洗浄成分をしっかりとつけてから行いうことがポイントです。

洗顔料を手に取ったら、次は水を2、3滴加え指で混ぜながら空気を入れていきます。何度も混ぜることで、キメの細かい泡ができます。

関連記事一覧