基本が大切!スキンケアの正しい順番とは?

憧れのお肌
メイク・コスメ

スキンケアは、ほとんどの人が基本をきちんと学ばず自己流で行っています。美容/コスメは誰かに教わってはじめた訳ではない場合が多いですから自分のスキンケア方法が正しいのか、自信が持てない人も多いでしょう。今回は正しいケア方法の基本や順番、注意点などをご紹介致します。

正しいスキンケアとは?まずは基本の順番を確認しよう!

正しいスキンケアを行うためには、まずは基本の3STEPを知ることが必要です。この3STEPを知っていれば、普段のスキンケアに自信がつくはずです。そして、トラブル肌など起こした時には、この3STEPにプラスすることで、トラブル解消も行いやすくなるでしょう。

基本 STEP1 洗顔

スキンケアの基本は、何よりも洗顔です。洗顔というと、さっと汚れを洗い流せば良いと思っている人も多いと思いますが、ここで間違った洗顔を行ってしまうと、肌トラブルの原因となってしまいます。
そもそも、洗顔にはどういった役割があるかと言うと、ほこりや汗などの汚れを落とすという役割だけではなく、肌を清潔にするという役割があります。
洗顔をしっかりと行えていないと、汚れが毛穴に貯まってしまい、ニキビなどの原因となってしまいます。また、汚れを落としきれないことで、角質層が厚くなってしまい、肌にうるおいがなくなってしまいます。新陳代謝も悪くなり、肌の老化原因となってしまうこともあります。

クレンジングでメイク汚れを落としてから

これらを防ぐためには、毎日の洗顔が重要です。メイクをした際には、クレンジングでしっかりとメイク汚れを落としてから、更に洗顔料で洗顔をすることがおすすめです。ダブル洗顔をすることで、メイク汚れも残す心配がなくなります。
洗顔を行う際には、手を洗ってから行うこともポイントです。汚れた手で洗顔を行ってしまえば、せっかくの洗顔も意味がなくなってしまいます。また、洗顔時は40℃以下のぬるま湯で洗うことも大切です。暑すぎると、皮脂が必要以上に流れてしまい、乾燥の原因となってしまいますから注意しましょう。

基本STEP2 水分補給

洗顔後には、肌に水分補給をすることが基本です。化粧水をたっぷりと肌につけ、肌に水分補給を行いましょう。
化粧水を付ける際、コットンなどでパッティングをしている人も多いと思いますが、パッティングは肌に刺激となってしまうこともあります。特に、肌が弱い人はパッティングは避け、化粧水を手に取り押し込むように肌に浸透させましょう。

基本STEP3 保湿

水分補給が終わったら、次は最後の仕上げとして保湿ケアが必要です。脂性の人や夏場には、べたべたするのを嫌い、化粧水をつけたら終わりという人も多いですが、これではせっかくの水分補給も意味がなくなってしまいます。
水分補給を行った後には、その水分が逃げださないように保湿をすることが必要不可欠。べたべたするのが嫌な人は、ノンオイリーの物を選ぶことで、べたべたを気にせずに保湿することが出来るでしょう。

スキンケアの正しい順番とは?

スキンケアを行う際、用いる順番が分からない人も多いのではないでしょうか。洗顔後には、化粧水、クリームで水分補給、保湿が出来れば良いですが、プラスのケアをしたいと考えている人も多いはずです。美容液や目元クリームなどを用いたいと考えている人は、どのタイミングで使用したら良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

基本の順番としては、洗顔後は水分補給をするために化粧水で水分補給をします。そして、たるみなどが気になる部分に美容液を用い、その後油分を補ってくれる乳液を用います。最後は、化粧水や美容液などが逃げないように、クリームで蓋をします。
メーカーによっては、取り入れる順番が異なることもありますので、心配な場合には購入時に店員さんなどに確認しておくと良いでしょう。

関連記事一覧