手軽なスキンケア!コットンパックのやり方と効果

メイク・コスメ

コットンパックの魅力

スキンケアにプラスのケアを取り入れようとすると、お金がかかる、時間がかかると感じる人も多いでしょう。実際、新たなアイテムを取り入れるとなれば、お金がかかることになりますから、なかなか手が出せずにいる人もいるのではないでしょうか。そんな人にもおすすめなのは、コットンパック。コットンパックであれば、普段お使いの化粧水を使うことで、簡単にパックすることができますから、手軽にプラスケアを取り入れることができます。女性であれば、コットンは自宅にある人が多いでしょうから、化粧水とコットンがあれば誰でも気軽に行える手軽さが、コットンパックの魅力といえるのではないでしょうか。また、肌が弱い人にとっては、パックが肌に合わないかもという心配があるはず。そんな人も、コットンパックであれば、普段使っている肌に合った化粧水を使ってパックをすることができますから、肌への心配もなくなります。

コットンパックのやり方

1.クレンジング、洗顔、化粧水で肌を整える

コットンパックを行う際には、まずクレンジングや洗顔をして、肌の汚れを落としてから行うことが基本。その後、化粧水で肌を整えて、コットンパックの準備をしましょう。

2.コットンを湿らせる

コットンパックをする際には、まずは、コットンを水で湿らせます。こうすることで、コットンの繊維などの毛羽立ちを抑えることができ、肌刺激を減らすことができます。水で湿らせたら、軽く絞って、水分を落としましょう。

3.湿らせたコットンに化粧水をプラス

水でコットンを湿らせたら、そこにいつもお使いの化粧水を含ませます。この時、ケチってしまうと、せっかくのパックの意味が半減してしまいます。化粧水をプラスする際には、ひたひたになるくらい、しっかりとコットンに含ませるようにしましょう。

4.目の下、おでこ、頬、鼻、あごにコットンをのせる

化粧水を浸したコットンの準備ができたら、目の下やおでこ、頬、鼻、あごなどにコットンをのせていきます。特に、乾燥が気になる部分は、しっかりと化粧水が染み込んだコットンを乗せ、保湿ケアを行いましょう。

5.3分から5分放置

コットンパックは、長時間行えば効果が上がる訳ではありません。コットンパックの目安は、3分から5分程度。放置し、目安い時間が経ったら、素早くはがすようにしましょう。長時間のパックは、逆に肌乾燥を起こし、肌トラブルの原因となってしまいますので、注意が必要です。

6.コットンをはがして、保湿ケア

コットンをはがしたら、いつも通りの美容液、クリームなどで保湿ケアをすれば終了。ここで、保湿ケアをしなければ、せっかくの水分を逃がしてしまうことになります。コットンパック後は、保湿ケアすることが必須です。

関連記事一覧