【化粧水の正しい使い方と基本】意外と知らない化粧水の役割や付け方

メイク・コスメ

皆さん、毎日のように洗顔後、化粧水を使っているでしょう。付け方など、疑問を持たずに使用している人が多いのではないでしょうか。実は、間違った使い方をしていると、せっかくの化粧水の効果も半減してしまいます。知っておきたい化粧水の付け方、基本知識をご紹介いたします。

そもそも化粧水とは?

洗顔後、化粧水で肌に水分を取り入れ、美容液やクリームなどで保湿をしている人が多いでしょう。乾燥しやすい季節は、特に保湿に力を入れる人が多いのではないでしょうか。

今では、化粧水と一言で言っても、乾燥肌向けのものもあれば、美白効果のある化粧水やエイジングケアできる化粧水もありますから、自分の目的に合った化粧水を使用している人も多いでしょう。これらの嬉しい効果は、正しい使い方をしているからこそ得られるもの。

そもそも化粧水は、スキンケアには欠かせない基礎化粧品の一つ。洗顔後、すぐに用いるアイテムとなっており、肌にうるおいを与え、健康的な状態に導くには欠かせないアイテムとなっています。

化粧水の役割

当たり前の様に、洗顔後に化粧水を使っている人が多いですが、化粧水の役割を知らないまま使っている人も多いのではないでしょうか。

化粧水の役割は、肌に潤いを与えること。潤いを与えることで、肌のキメを整えることができます。化粧水でケアをすることで、角質層を柔らかくし、その後の美容液やクリームなどの浸透性を高める効果もあります。

スキンケアの際、べたつくのが苦手な人の中には、化粧水だけのケアをしている人もいますが、これだけでは肌の奥までしっかりと成分を浸透させることができません。逆に、肌を乾燥しやすい状態に導いてしまう可能性があるため、化粧水で肌を整えた後は、美容液やクリームでの保湿が欠かせません。

関連記事一覧