どろあわわって毛穴や黒ずみに効果があるの?

洗顔で美白はできる?おすすめの人気美白洗顔料10選
メイク・コスメ

どろあわわは毛穴の開きや黒ずみに効果があるのでしょうか?効果や注意点などをご紹介致します。

どろあわわってどんなアイテム?

どろあわわの成分

どろあわわは、肌を元気にしてくれる様々な美容成分が含まれています。肌にハリを与えてくれるコラーゲンや保水力をアップしてくれるヒアルロン酸、潤いをキープしてくれる効果がある黒砂糖エキスなどが含まれています。これらの保湿成分が含まれていることで、洗顔時の乾燥を防ぎ、肌をしっとりとしてくれるでしょう。また、潤いバランスを整えてくれることで、様々な肌トラブルも改善することが期待できます。

どろあわわの泥のパワー

どろあわわには、様々な保湿成分が含まれていますが、成分はそれだけではありません。名前にも含まれている通り、泥が含まれており、この泥で気になる毛穴対策を行うことができます。どろあわわには、沖縄産のマリンシルトと国産のベントナイトという2種類の泥が含まれており、これらの泥によりしっかりと汚れを落とすだけでなく、毛穴をキュッと引き締めてくれる効果も期待できます。

どろあわわの肌刺激

どろあわわは、他洗顔料同様に泡立てて洗顔を行うことになります。しかし、他洗顔料と違うのは、濃密なクッション泡が作れること。クッション泡で洗顔をすることで、肌に摩擦を与えることなく、優しい洗顔を行うことができます。洗顔は、思っている以上に摩擦が起こり、肌刺激となってしまいます。その点、どろあわわであれば、濃密な泡で洗顔を行うことができるため、肌のくすみを改善し、理想的な透明感ある肌へと導いてくれるでしょう。

どろあわわの使用方法

どろあわわで洗顔を行う際には、専用の泡立てネットでしっかりと泡を作ることがポイント。専用泡立てネットを使うことで、より濃密でふわふわの泡を作ることができます。この濃密泡は、逆さにしても落ちることがありませんし、10円玉をのせても沈むことがありません。このくらいの濃密泡を作ってから、洗顔を行うようにしましょう。

どろあわわの効果とは

毛穴への効果

毛穴開きは、摩擦などにより肌刺激が加えられたことで、古い角質が貯まっている可能性があります。そんな人も、どろあわわを使った洗顔を行うことで、摩擦を防ぎ、乾燥や新たな角栓ができることを防ぐことができるため、少しずつ毛穴が引き締り、毛穴開きが気にならなくなるでしょう。黒ずみがある人は、皮脂と古い角質が混ざり合い、毛穴に使っています。これらを取り除くためには、しっかりと汚れをかき出す必要があるでしょう。どろあわわに含まれる泥は、超微粒子となっているため、毛穴の奥までしっかりとケアすることができます。どろあわわでの洗顔を続けていくことで、気になる黒ずみやいちご鼻なども改善することが期待できるでしょう。

ニキビへの効果

大人になってからも、ニキビに悩んでいる人は少なくありません。大人ニキビの原因は、乾燥やターンオーバーの乱れ、ホルモンバランスの乱れなどが考えられますが、どろあわわでの洗顔は古い角質を落とすことができるため、ニキビにも効果が期待できます。どろあわわには、豆乳発酵液も含まれており、女性ホルモンに似た効果も取り入れることができ、乾燥対策・保湿作用も期待できます。

美肌への効果

白い肌は、女性にとって理想的な肌といえるでしょう。しかし、どんなに気を付けていても、生活する上で紫外線を受けてしまうことがあります。そんな時も、どろあわわはおすすめ。どろあわわは古い角質を落としてくれる効果もあるため、美白効果も期待できます。使い続けることで、肌のトーンが上がり、明るい肌に変化していくことを実感できるでしょう。

どろあわわの注意点

アレルギーの注意

どろあわわは、基本肌に優しい成分で作られているため、敏感肌の人でもアトピー性皮膚炎の人も、安心して使用することができます。しかし、どろあわわには豆乳発酵液が配合されているため、大豆アレルギーがある人は要注意。美肌への効果が高い成分ではありますが、アレルギーを持っている人にとっては、肌だけでなく、体調不良を起こしてしまう可能性もあるため、使用は避けた方が良いでしょう。アレルギーがない人も、体調や体質によって、何らかの変化が現れることもあります。使っていて、おかしいと感じた時には、すぐに使用を止めることが大切です。

防腐剤パラペン含有について

どろあわわは、天然成分で作られている安心な洗顔料ではありますが、長期保存ができるように防腐剤パラベンという成分が微量含まれていますパラベンは、他の化粧品などにも多く使用されている成分ではありますが、極まれにこのパラベンにアレルギー反応を起こしてしまう人もいます。そのため、使用時に不安がある場合には、事前にパッチテストをするなどしてから、使用するようにしましょう。 

関連記事一覧