ヨガの逆転のポーズのメリットとは?やり方や効果、注意点をきちんと学ぼう

ヨガ

ヨガポーズの王様といえば、逆転のポーズ。ヘッドスタンドなど、インパクトの強い逆転のポーズは、ヨガビギナーの方からすると憧れのポーズの一つです。今回は逆転ポーズのメリットや注意点、おすすめのポーズをご紹介します。難易度が高いように思われていますが、初心者の方にもできるポーズもあるのでご安心を。

逆転ポーズとは?

ヨガの逆転ポーズと聞くと、ヘッドスタンドなど迫力のあるポーズをイメージする方が多いと思います。

しかし、逆転のポーズはそれ以外にもありますし、難しそうに見える逆転ポーズも段階を踏んで練習をしていけばビギナーでも行うことができます。

ヨガには様々なタイプのポーズがある

ヨガには様々なタイプのポーズがあります。

座位、ツイスト、立位、アームバランス、コアを鍛えるポーズ、後屈、前屈、心身回復、呼吸法、そして逆転ポーズです。

そして、それぞれのタイプのポーズで得られる効果などは異なります。

逆立ちだけじゃない逆転ポーズ

ヨガの逆転のポーズ=逆立ちをイメージする人が多いと思いますが、実は逆立ち以外にも様々な逆転ポーズがあります。

そして、逆立ち以外のポーズでも、逆立ちをした時と同じ効果が得られる逆転ポーズがたくさんあります。

具体的に、頭の位置が腰や脚より低くなるポーズをヨガでは逆転ポーズと呼んでいます。

それらの中には難易度が低いものもあるので、ビギナーの方でも気軽に逆転ポーズを行うことができます。

逆転ポーズは上級者向け?

難易度が高そうに見える逆転ポーズは、上級者向けなのでしょうか?

いいえ、ちがいます。

条件付きですが、逆転ポーズはビギナーの方でもできます。

初心者でもできる

ヨガを始めたばかりの頃は、上級者向けの逆転ポーズに憧れるかもしれませんが、初心者でもできる逆転ポーズはいくつも存在します。

逆転ポーズは頭の位置が腰や脚より低くなるポーズのことなので、ビギナーの方でもできるポーズを行えばヘッドスタンドなどをしなくても、同じように逆転ポーズの効果を得られることができるのです。

もちろん、難易度が高い逆転ポーズでも、経験を積んだ指導者の元で練習を行うこともできます。

セルフプラクティスは中上級者から

しかし、注意してもらいたいのがセルフプラクティスをするときです。

難易度が高い逆転ポーズのセルフプラクティスは、中上級者から行うようにしましょう。

中上級者の方でも、セルフプラクティスをするときは気を抜かず細心の注意を払うことをおすすめします。

万が一ヘッドスタンドなどのポーズを失敗した場合、首を故障する可能性があり、危険を伴います。

逆転ポーズのメリット

逆転ポーズにはさまざまな嬉しいメリットがあります。

cocolife-yoga

30,130 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧