マタニティヨガで元気な赤ちゃんを産もう、3つのおすすめポーズ!

マタニティヨガ
ヨガ

マタニティ期は身も心も大きく揺れ動く時期です。ホルモンバランスの崩れから自律神経も乱れがちになります。出産のための運動をするのなら、心を穏やかに出来るヨガがオススメです!今回は安全に出来るマタニティヨガのポーズを5つ紹介します。

マタニティヨガをオススメする理由

妊婦さんは運動をしているというイメージがありますが、私が教えていた生徒さん達のほとんどは、妊娠をしてから、体重管理や体力維持のために運動を始めたという人が多かったようです。

近年では、妊娠期に行える運動の種類も増えてきましたが、あまり運動をしてこなかった人でも、より安全に行えるという視点から、マタニティヨガは妊婦さんにとって最適な運動なのではないでしょうか。

マタニティヨガの主な利点

1.乱れた自律神経を整えやすい
2.呼吸が深くなり、出産への不安な気持ちが和らぐ
3.出産に必要な体力を維持できる
4.出産ギリギリまで行うことが出来る
5.家でも手軽に行うことが出来る
6.体重管理がしやすい
7.お腹の赤ちゃんとコミュケーションが出来る

始める前に気を付けておきたいこと

妊娠をしているということは、大切な命を守っているということです。それゆえに運動する際は注意が必要になってきます。特にまだお腹が大きくなっていないと、ついつい無理をしてしまうものですが、何よりも赤ちゃん優先で行動していきましょう。

マタニティヨガは安定期に入ってから行うこと

マタニティヨガを始めるのは妊娠14週〜16週の安定期に入ってからです。安定期に入れば胎盤が完成するので流産の確率も減ります。また、つわりが治まってくるのもちょうどこの時期ではないでしょうか。

つわりがひどくない妊婦さんや、食べづわりで体重増加に悩んでいる人は、少しでも早く運動したいと思っているでしょうが、安定期に入るまではゆっくり、無理なく生活しましょう。

お腹を圧迫するようなポーズはしない事

マタニティヨガでは、強いツイストやうつ伏せなどのお腹を圧迫するポーズはおこないません。もし教室などに通わずに自己流でヨガをしたいと考えていたら、ポーズをとる前にDVDや本でしっかり学習するようにしましょう。

マタニティヨガには禁忌とされているポーズがいくつかあるのです。例え教室で適切な指導の下、ヨガを行っていても、自分でお腹に違和感を感じるポーズは、休んでおきましょう。

お腹に張りを感じたらすぐ休む事

妊娠中は、急にお腹に張りを感じたりします。ヨガを行っていて何となくお腹が張ってきたなという場合は、すぐに横になり休憩しましょう。

特に妊娠後期にはいると子宮が大きくなっているので、過度の運動などで筋肉が張りやすくなります。無理をせずに、休憩をすることが大切です。

関連記事一覧