一日を気持ちよくスタート。朝ヨガには優れた効果があるって本当?

ヨガ

ヨガはいつおこなうといいのでしょう?個々のライフスタイルによってヨガを行う時間は違うものです。朝には朝の、夜には夜の良さがあります。今回は「朝ヨガ」にフォーカスを当てて、朝にヨガをすることのメリットを見ていきましょう。

朝ヨガをすること

朝にちょっぴり早く起きてヨガをする。そんなライフスタイルは素敵ですよね。毎日は無理だとしても週末の朝に窓を開けて澄んだ空気の中でヨガをやったり、ヨガマットを抱えて公園に行ったりビーチに行ったりするのもいいですね。

朝にヨガをしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。そもそもヨガの基本ともいえる太陽礼拝」などは朝に東の太陽に顔を向けながら行っていたものです。

気持ちのよさような「朝ヨガ」ですが、ただ気持ちいいだけじゃないんです!朝ヨガに秘められたパワーを詳しく見ていきましょう。

朝ヨガ6つの効果

朝ヨガには色々なメリットがあります。朝は忙しいと思っている人もいると思いますが、10分の早起きをするだけでヨガは出来てしまうものです。今注目の朝ヨガですが、どんなメリットがあるのか紹介します。

(朝ヨガの効果)

  1. 頭がすっきりする
  2. ポジティブな気持ちになれる
  3. 血行が良くなり体の活動意欲がわく
  4. 太陽のエネルギーをチャージできる
  5. 体内時計が整う
  6. 一日の代謝が上る

1.頭がすっきりする

ヨガを行うことで、酸素が体中にめぐっていきます。とくに人間の脳は酸素を必要としている場所です。酸素が少ないとぼぉーとしてしまうのです。酸素をどんどん送り込むことで脳は活動を活発化します。

脳に酸素が行くこと

  • 脳に十分な酸素がいき渡ることで集中力や記憶力があがります
  • 酸素を送ることで毛細血管が開き血行が良くなる
  • 酸欠状態でおこる二日酔いなどが改善される

2.ポジティブな気持ちになれる

仕事に追われていたり、育児、家事に追われていると自分と向き合う時間はほとんどありません。朝ヨガはほんの少しで時間で自分を見つめることのできるものです。自分だけを見つめて、体の調子や心の声をきくことで自分を大切にする気持ちがわいてきます。

深い呼吸とポーズを連動させることで気持ちがリフレッシュして、ポジティブな気持ちのまま一日をスタートすることができます。忙しさに追われて心が疲れている人にオススメです。

3.血行が良くなり体の活動意欲がわく

うつ病が脳内の血流低下が原因になっているという説もあります。人は精神的なストレスを受けると血管が収縮します。血流が悪くなると栄養が行き届かなくなり、冷えや肌荒れなどを起こすほか疲労もたまりやすくなってしまいます。

朝ヨガで体中に酸素を送り、体温をあげることで血管は開き血流が上がります。体の疲労物質が排除され軽くなる感じがするでしょう。また固まった体をほぐすことで可動域が広がり、体が動きやすくなるのです。

4.太陽のエネルギーをチャージできる

太陽のエネルギーというととてもスピリチュアルな響きに感じるかもしれませんが、太陽のエネルギーチャージにはちゃんとした理由があります。

人の体は良くできているもので。朝日を感じるとセロトニンが多く分泌されます。このセロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれているものです。一日の元気ややる気をチャージできるのです。

セロトニンとは

セロトニンは「ノルアドレナリン」「ドーパミン」とともに三大神経伝達物質と呼ばれています。セロトニンは精神に大きく働きかけるもので、気持ちを安定させ、満ち足りた気持ちにしてくれます。この働きは幸せホルモンの「オキシトシン」と同じものでセロトニンも「幸せホルモン」と呼ばれます。

5.体内時計が整う

朝ヨガを行うことで体内時計が整ってきます。実は人の体内は25時間の周期で出来ていると言われ、朝の太陽を感じずに生活していると、体内時計が少しずれてしまい不眠症になってしまったり、体調を崩したりしてしまいます。

朝ヨガで、太陽を感じながらヨガを行うことで体内時計がリセットされ、一日のスタートを切ることができるのです。

6.一日の代謝が上る

朝起きたときの体には燃焼させる栄養素がない状態です。そこで体を動かすことで脂肪を分解しエネルギーに変えていきます。朝に代謝がぐんと上がることで燃えやすい体で一日を過ごすことになるのです。

また朝にヨガを行うということは、朝に体のバランス(骨盤など)を整えることになります。骨盤が正しい位置で一日を送れるので、リンパや血液の流れが良くなり代謝が上がり老廃物を排出する機能も活発化します。

関連記事一覧