岩盤ヨガはホットヨガと違う!その驚きの効果とは

ヨガ

岩盤ヨガを始める人が増加している今、ホットヨガとの違いは何なのかと疑問の声が多いようです。ホットヨガでは得ることのできない岩盤ヨガの魅力とは一体何なのでしょう。岩盤浴だけではものたりない、ヨガに+αの効果がほしいという人にオススメの「岩盤ヨガ」を詳しく見ていきましょう。

岩盤ヨガはどんなヨガ?

岩盤浴の長所である体を芯から温める効果にヨガをプラスした「岩盤ヨガ」は通常のヨガよりも発汗力に優れ、血流が上がることで体の深層部にまで栄養を届けることができます。

常温ヨガに比べ柔軟力も得やすく、体の可動域を大きく向上させることも出来るためヨガで使用するインナーマッスルへの働きかけも比較的しやすいヨガと言えるでしょう。

一般的に室内温度はホットヨガよりも低めの35度程度に設定してある所が多いようです。しかし岩盤の温熱は均一に保たれるので、室内は設定温度よりも熱く感じます。

汗は流さない

常温ヨガもそうですが、岩盤ヨガは特にサラサラとした汗をかきます。さらに皮脂には肌を守るという働きがあり、岩盤ヨガでは、皮脂腺の中で酸化されずに出てくる「良質な皮脂」が出ます。

レッスン後は「良い皮脂」と「良い汗」とが反応し美肌をつくる皮脂膜をつくりあげています。肌の免疫力を高めてくれるのでシャワーで洗い流したりせずに、そのまま帰宅したほうがいいでしょう。

岩盤浴の効果

岩盤ヨガで使用されている岩盤とは、長い時間かけて圧縮されてきた自然の鉱石や堆積土から得られるものです。その岩盤を敷いて熱を加えて体温をあげていきます。このことで体は深層部から温まり温熱の効果が長く持続するものです。

体を温めることで血行が促進され体中に栄養が運ばれます。また岩盤浴の遠赤外線は肌の代謝を促するので酸化した古い皮脂を排泄し新しい皮脂を皮膚に与えます。このことで肌を守る上質なバリアが出来上がり美肌効果を得ることができるのです。

岩盤ヨガとホットヨガの違い

岩盤ヨガとホットヨガはどう違うのか!多くの人が持つ疑問点です。簡潔に言うと下記の違いがあります。

  • ホットヨガは体の外部からじわっと汗をかく、運動後のようなベタ付く汗をかく
  • 岩盤ヨガは体の芯からしっかり温まり、酸化していないサラサラの汗が出る

温め方の違いがポイントです。ホットヨガは加湿器などを使用し室内を温める為体は外側から暑さを感じていきます。岩盤ヨガは天然鉱石からでる遠赤外線とマイナスイオンが温度を上げていきます。そのため体の芯から暑さを感じていくのです。

関連記事一覧