ヨガを始めたらいつかインドへ行こう – インド巡礼おすすめスポット

ヨガ

ヨガを始めてみて、本格的にインドでヨガを学びたいという方へおすすめのスポットをご紹介します。

ヨガを始めてインドに行きたくなってしまったら:インド巡礼のおすすめ

ヨガを始めて知らず知らずの内に、本格的にヨガを学びたくなってしまったりした時、インドに行きたくなってしまったことはありますか?
インドは女性の一人旅で少し不安という方へ、安全なインドの巡礼の旅をおすすめします。

インドでヨガ

インドで本格的にヨガを習ってみたい、という方は以下の場所をおすすめします

リシケシュ

リシケシュ(Rishikesh) はインドのウッタラーカンド州に位置し、デリーからはバスで8時間ほど、電車だとリシケシュ近くのもう少し大きな街ハリドワール
(Haridwar)にまず行き、そこからバスで1時間ほどのようです。

電車の方で一番高級な寝台車に揺られていけば安全で快適ですが、日本のような清潔さと安全さではありませんので、安全を第一に考える方はデリーからタクシーで向かう方法があります。料金はそれほど高くはないと思います。

リシケシュはヒンドゥー教徒の人たちには聖地であり、巡礼スポットでもあります。一生に一度を訪れたい場所のようで、外国人観光客ばかりでなく、インド国内の巡礼客で賑わう場所です。
ガンジス川の北の方に位置した場所で、よく知られているバラナシ(Varanasi)などに比べて上流にあり、水の質もずっときれいです。
夏に行くと水の色は濁っていますが、冬に行くと澄んだ青色できれいですが、インドと言っても北の地域は寒いので防寒用具を持っていく必要があります。

リシケシュはヨガの聖地でもあります。
たくさんのアシュラム(ヒンドゥー教で修養の場)があり、またヨガを教えるセンターもたくさんあります。アシュタンガヨガ、アイアンガーヨガ、ハーサヨガ、クンダリーニ・ヨガなどなど、種類も多種多様でヨガセンターの先生も多様です。

ブログやインターネットの日本のサイト、ガイドブックなどで事前に調査をして行くといいでしょう。一番役に立つことは、現地の口コミを聞いたり、実際に一度ヨガのクラスを受けると先生との折り合いなどもわかってくるともいます。評判がいいと言ってもすべての方に当てはまることはなく、自分の体と好みに合ったヨガセンターと先生にめぐり合うことがヨガ上達のためにはとても大切になるポイントです。

リシケシュはヨガばかりでなく、プージャというお祈りのセレモニーも盛んに行われています。夕方からはリシケシュでもいちばん有名なアシュラムであるパラメシュ・ニケタン(Paramesh Niketan)アシュラムでお祈りと、歌、火のセレモニーなどが毎日行われ、参加するだけでもエネルギー・アップに繋がります。ガンジス川の雄大な川の前でお祈りをすると身も心も洗われるようでした。

おしゃれなレストランやカフェなどもたくさんあるために、ヨガでなくても十分楽しめるインドの聖地です。
しかし、夏場は特にレストランやカフェを選ぶときに注意しましょう。外からはきれいに見えるレストランでも食あたりにあったりするケースが北インドを旅するバックパッカーなら誰もが経験することです。事前にガイドブックなどで調べて、外国人がたくさんいるカフェやレストランだけで食事をするようにしましょう。

ガンジス川で沐浴をするといいとも言われています。
冬は寒いですが、気温が温かい季節にいって、沐浴をするだけでもいいでしょう。
アシュラムなどの施設のお部屋は簡素なもので、清潔ならばそれで満足した方がよい施設ですが、高級ホテルも存在し、予算に余裕があり、安全第一を考えるとホテルに滞在し、ホテルでガイドを手配してもらってから色々な場所を回るといいでしょう。

リシケシュにはたくさん牛がいるので牛のフンもたくさん落ちています。雨が降ると雨の水と牛のフンが混ざって大変なことになっていまいますので防水用の歩きやすい靴か、サンダルを履いてこまめに洗い流すようにするといいでしょう。

関連記事一覧