姿勢改善や肩こり・腰痛対策にヨガポール!その効果と使い方を解説!

ヨガ

万能エクササイズグッズのヨガポールをご存知ですか?スポーツジムなどで行うストレッチや体幹トレーニングだけではなく、最近ではヨガやピラティスのレッスンでも用いられることもあります。その効果は万能で、姿勢改善や肩こり・腰痛の改善、リラックス効果もあります。今回はヨガポールの魅力をご紹介します。

ヨガポールとは?

スポーツジムやヨガ・ピラティススタジオで一度は目にしたことがある、ヨガポール。

あまりよく知られていませんが、その効果はストレッチや体幹トレーニング、肩こりや姿勢改善にも最適です。

万能ストレッチポール

ヨガポールは姿勢改善、肩こり緩和、筋膜のリリース、体幹トレーニング、さらにリラックス効果も期待できる万能ツールになっています。

ヨガポールの基本姿勢として、仰向けで縦に乗る姿勢がありますが、これだけでも体幹のアウターマッスルが緩んできます。

そして、この状態からインナーマッスルを刺激する動きを加えると、肩・骨盤・背骨の関節が正常の位置に戻るので、姿勢改善につながっていきます。

ヨガポールの使い方

ヨガポールは一見シンプルに見えて、様々な使い方があります。

運度前後のストレッチ

まずは運動前後のストレッチです。

ヨガポールは運動をする前と後のストレッチに最適です。

20~30秒ほど一定のポジションをホールドし、筋肉を緩めるストレッチを静的ストレッチといい、運動前後によく行われます。

この静的ストレッチでは、一部の筋群をストレッチするため自力でポーズをホールドしなくてはいけないので、柔軟性の低い人やバランスを取るのが苦手な人は、余計な力が入ってしまい、ストレッチ効果が得られないことがあります。

しかし、ヨガポールを利用してストレッチをすると、重力を利用して身体を伸ばしたりポールで身体が支えられるので、ストレッチ動作が楽になります。

姿勢矯正

次に、姿勢矯正です。

人間は、骨盤を軸に上半身を支えて立位・座位を保っています。

立ち方や座り方などが正常でないと、バランスが悪くなり、それを続けることで身体に負担が出てきます。

そして、筋肉の緊張が偏るとクセができてしまい、正しい姿勢が崩れていくのです。

ヨガポールを使った動きは、全身の筋肉の緊張をゆるめ、本来の正しい姿勢に導く効果があります。

筋膜を緩める

次に、筋膜のリリースです。

筋膜リリースとは、癒着・萎縮した筋膜を正しい状態に戻すことです。

筋膜は筋肉を覆う膜のことで、長時間同じ時間で作業をしたり柔軟性が著しく低下すると、筋膜同士が癒着を起こすので、筋肉の機能が低下していきます。

そして、肩こりや腰痛などの痛みを誘発します。

ヨガポールは、筋膜を緩めるためにも使用できます。

体幹を鍛える

次に、体幹トレーニングです。

体幹を鍛えるトレーニングで有名なのは、腕立て伏せのプランクポーズやスクワットなどのヒップリフトですが、ヨガポールも体幹を鍛えるのに最適なツールです。

ヨガポールを使用すると、不安定さが加わるので運動強度が増し、身体の軸への意識を高めてくれます。

リラックス

最後は、リラクゼーションツールとしての使い方です。

ヨガポールに仰向けで縦乗りして脱力するだけで、屍のポーズ/シャバーサナと似たリラックス効果が得られるといわれています。

少し心身ともに疲れていると感じたときに、自宅で簡単にできるリラクゼーションツールとして、幅広い年代の方に親しまれてきています。

cocolife-yoga

25,037 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧