ヨガのマントラは意味不明?何のために唱えるの?

ヨガ

ヨガの本にはサンスクリットで書かれたマントラをよく見かけます。またヨガのスタジオなどへ行くと、レッスンの前や後にサンスクリットの言葉を音に合わせて唱えます。正直、意味不明の言葉に感じますが、マントラとは一体何のために唱えるのでしょう。

マントラとヤントラ

ヤントラは視覚

マントラを説明する前に、ヤントラというものも見ていきましょう。実はこのヤントラ、1度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。厳密にいうと違うのですが、よくチベットのお坊さんがかいている「マンダラ」とヤントラにはっきりとした区別はなく、同じように使用されます。

これらは宇宙や神仏を図に表しているものです。現在ではアートとして評価されていますが、元々は精神的な世界観を表現しているものです。

マントラは聴覚

そして「マントラ」はこの宇宙や神仏を音で表したものです。実はこのマントラは「タントラ哲学(宇宙の原理を体感しようとする)」に基づくものです。

少々ややこしくなってきましたが、人が「宇宙と触れ合う場所」に到達する1つの手段がマントラの音というわけです。

「宇宙と触れ合う場所」というのも、なかなか抽象的で、色々な解釈ができそうですが、現代の私達の感覚では、悟りの境地に達する場所と言えるかもしれません。

マントラの起源

マントラはサンスクリット語で読み上げられ、素人の私達には何を言っているのかよくわかりません。日本語訳をよんでも、その意味が漠然と把握できる程度です。

そもそもこのマントラの起源はどこにあるのでしょうか。歴史を手繰り寄せながら少しずつ、マントラの世界観を感じてみましょう。

古文献「リグヴェーダ」の中に存在してた

マントラの起源は、紀元前1200」年の有名なヒンドゥー教の聖典「リグ・ヴェーダ」の中にあります。

バラモンの祭儀用の呪文として、太陽神や水神、火神などの自然の神様への感謝の言葉がつづられています。この言葉こそマントラと呼ばれる聖なる言葉です。

関連記事一覧