安眠に向けた就寝前の10分ヨガ♪おすすめヨガポーズ6選

安眠に向けた就寝前の10分ヨガ♪おすすめヨガポーズ6選
ヨガ

体は疲れているのに目が冴えてなかなか寝付けない、ベッドに入ると悩みごとを考えてしまって眠れない、睡眠不足が体に悪いとわかっていてもなかなか改善できない!そんな方には就寝前の10分ヨガがおススメです。リラックスしながら呼吸を意識し、確実に安眠に近づいていきましょう。

睡眠不足は女性の大敵

夜ベッドに入っても、悩みごとのせいでなかなか寝付けない、遅くまでPCやスマホを使っていて目が冴えていて眠くならない、という経験はありませんか?

睡眠不足が体に悪いとわかっていても、どうしても不眠を解消できないという方は意外と多いと思います。

免疫力低下、肌荒れ、クマの原因に

しっかり寝られないと一日の疲れが取れず、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、肌荒れやクマの原因につながります。

さらに、睡眠不足は食欲を増進させるホルモンの分泌を活発化させるので、食欲増加を引き起こすこともあります。

就寝前のヨガが安眠につながる理由とは?

ヨガは呼吸を意識しながら動きます。

ゆっくりと呼吸を意識しながら動くと、交感神経を副交感神経のバランスが整っていきます。
これが、体をリラックスさせ快眠につながっていきます。

さまざまな呼吸法がありますが、寝る前にリラックスするためのヨガなので、難しいことは考えずにていねいに深い呼吸を意識できれば、それだけでリラックス効果が期待できます。

いかにリラックスさせるかが安眠への第一歩

安眠に近づく一歩として、いかにリラックスできるかが重要になります。
リラックスできて体が温まれば、かなりの確率でぐっすり眠れるでしょう。

リラックス目的の就寝前のヨガは、難しいことはなにもありません。

ただ気を付けてほしいことが、就寝前のヨガを行うときは食後2時間以上経ってから行ってください。
そして、アルコールを摂取したときの就寝前ヨガは、避けることをおススメします。

続いておすすめのヨガポーズです。

就寝前の10分!おすすめのヨガポーズ6選

頭を膝につけるポーズ(ジャーヌ・シルシャーサナ)

頭を膝につけるポーズは、脳の鎮静・軽いうつの緩和促進・背骨、肩、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)、鼠径部のストレッチ・消化機能の改善・更年期障害の症状緩和・月経時の不快症状の緩和・副鼻腔炎の治療に効果的です。

座位のポーズなので、寝る前にベッド・布団の上で行い、そのまま寝たい人におすすめです。

ポイント

・両脚をまっすぐ前に伸ばして座る
・吸う息で右ひざを曲げ、足の裏を左太ももの内側に近づける
・右脚の外側は床の上に、すねは左足に対して直角にする
・息を吐きながら、胴体を前に倒していく

コツ

・背骨をまっすぐにしたまま胴体を前に倒すように意識する
・背中が丸まるようであれば、お尻の下にクッションか枕を置き腰をたてる
・背中が丸まらない程度に胴体を前に倒していく
・上半身に力が入りやすいので、肩・首まわりは特にリラックスする

注意点

・頭をヒザに近づけるのが目的ではなく、背骨をまっすぐに伸ばしたまま前屈を深めていくことが目的なので、無理やり前屈をしないようにする
・ヒザに故障がある場合、故障がある方のヒザをクッションか枕の上に置き、ヒザを曲げ切らないようにする
・ポーズに入り深い呼吸を意識しながら1〜3分ホールドする
・ポーズを終わるときは、息を吸いながらゆっくり胴体を起こし、反対の脚も同じ時間ホールドする

cocolife-yoga

55,261 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧