骨盤矯正ヨガで骨盤を正常な位置に戻そう

骨盤とヨガ
ヨガ

骨盤がずれている状態を正常な位置に戻すヨガのエクササイズの方法をご紹介します。

骨盤矯正ヨガで骨盤を正常な位置に戻そう

骨盤がずれている状態を正常な位置に戻すヨガのエクササイズの方法をご紹介します。

骨盤の痛みと女性の身体

骨盤の痛みを感じる人は女性の方が多いと言われています
妊娠をして出産を経験すると骨盤が大幅に開くためにまたもとの正常な状態に戻って行っても、様々な原因によって骨盤が歪みやすくなってしまうことがあるようです。
骨盤の内側には腸、膀胱、子宮と卵巣が位置していることから骨盤のあたりに痛みを感じる場合、骨盤のズレから生じる関節の痛みが原因の場合もあれば、骨盤の内側にある膀胱や子宮、卵巣から生じる痛みという可能性もあります。

骨盤の構造

「寛骨」という羽のような形をした骨が背骨の基部にある「仙骨」を左右から包み込むようにして生殖器と膀胱などの内臓を保護し支えています。「仙骨」の先に尾骨があります。
仙骨は背骨を支える基部の役割を果すために、仙骨の関節がずれていると首、肩こり、腰痛、顔の歪み、便秘、冷え性、むくみ、生理痛などまで引き起こしてしまうと言われています。骨盤の中に位置し、仙骨の前に位置する子宮は女性ホルモンを分泌する重要な器官であり、仙骨がゆがんで子宮に負担がかかってしまうと女性ホルモンの分泌に支障をきたし、生理不順などを引き起こしてしまうと言われています。
仙骨を矯正することで女性ホルモンのアンバランスにより引き起こされる数々の症状、子宮や卵巣の病気、生理不順などを克服することができるといわれています。

骨盤の歪みの状態のバリエーション

骨盤が歪んでいるといっても様々な状態があります。左右の寛骨のどちらかが上にどちらかが下に下がってしまっていてアンバランスになっている状態もありますし、寛骨が正常な状態から外側へ外れてしまっている状態、或いは寛骨が正常な状態から内側へ外れてしまっている状態もあります。
また、真ん中に位置する仙骨がずれてしまっている状態も考えられます。
尾骨がずれているという状態もあります。
骨盤が痛むと骨盤だけでなく、腰痛や頭痛も引き起こしてしまうことから骨盤を正常な状態に保つことは健康に歩行して生活するには要となる人体の基部になります。

骨盤がずれてしまう原因

骨盤がずれてしまう原因としては日々の習慣どちらか一方の身体をより使ってしまったり、例えばカバンをいつもどちらか一方の肩で持っていたり、足を組む時にどちらか一方の足で組んでいたりなどが考えられます。また、長時間デスクに座っていたり、立っている時にどちらか一つの足に重点を置いてしまう立ち方を長時間したりするのも原因となるようです。

関連記事一覧