目元が勝負!今さら聞けないアイラインの引き方

メイク・コスメ

メイクは、目元にポイントをおいている人も多いでしょう。アイメイクによって、印象が大きく変わりますから、重要なポイントです。しかし、中にはアイラインがうまく引けない人も少なくありません。特に、ナチュラルメイクを目指している人は、引き方に悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

そもそもアイラインの役割って?

アイメイクをする際、アイシャドウだけでメイクをしている人もいますが、せっかくメイクするのであれば、アイライナーも取り入れた方が良いでしょう。
そもそも、アイラインにはどういった役割があるかというと、目を大きく見せてくれたり、目の印象を強くしたり、錯視効果を得ることが出来ます。
アイシャドウを何色も使い、立体的に仕上げることは出来ますが、そこにアイライン1本入ることで、更に目の印象が変わってきます。
また、アイラインの入れ方によっては雰囲気を変えることも出来ますから、その日の気分、ファッションなどに合せて、アイラインの引き方を変えるのもおすすめです。

アイライナーの種類

アイラインを引く際、アイライナーは欠かせないアイテムとなります。アイライナーといっても、実は様々な種類があります。
一般的には、ペンシルタイプのアイライナーを使っている人が多いでしょう。ペンシルタイプの特徴は、アイラインが引きやすいという点が上げられます。そのため、アイライナー初心者にとっても、とても使いやすいタイプと言えるでしょう。ナチュラルメイクをしたいと考えている人にとっては、用いやすいタイプと言えます。
先端が筆の様になっているのは、リキッドタイプ。リキッドタイプのアイライナーは、つやがあり、とても発色が良いという特徴があります。細かい部分も引きやすく、落ちにくいタイプと言えるでしょう。
ブラシを使うのは、ジェルタイプ。ジェルタイプは、濃淡の調節がしやすいという特徴があります。テクスチャーが柔らかいため、ラインが引きやすく、初心者も使いやすいでしょう。

何種類もあるアイラインのカラー選び

アイラインというと、黒をイメージする人が多いでしょう。しかし、アイライナーには黒だけではなく、グレー、茶、赤、青、緑といったように様々な色があり、アイラインの色を変えることで、メイクのイメージを変えることも出来ます。
どのようにカラーを使い分けるかと言うと、目の印象を強くしたい時には黒、柔らかい印象にしたい時にはグレーや茶にすると良いでしょう。また、アイシャドウの色に合せて、青や赤、緑などを取り入れるのもおすすめです。

関連記事一覧