美肌になるコツ!?化粧水はコットンと手、どちらが効果的?

化粧水を手で付ける際のメリット

化粧水は、手で付ける方法もあれば、コットンを使った方法もあります。どちらにも、メリットとデメリットがあるため、迷った時にはメリットを知ることが必要。

肌負担が気になる人には、手で付けることがおすすめ。

では、手で化粧水を付けた際にはどんなメリットがあるのかご紹介しましょう。

浸透性を良くする

化粧水を手で付ける場合、手を清潔な状態にしてから、化粧水を手のひらに取り、肌につけていくことになります。

そのため、手のひらに乗せられた化粧水は、体温で少し温めることができます。実は、体温で暖まった化粧水でのケアは、血管を収縮させることがないため、肌に浸透しやすいというメリットがあります。

コットンで付ける際には、瓶から出された化粧水の温度がそのまま肌に伝わることになりますから、血管収縮しやすく、化粧品の成分が入りにくくなります。

体温で暖まった化粧水を手のひらで押し込むようにケアをしていくことで、より成分も浸透させることができるでしょう。

肌刺激が抑えられる

スキンケアの際、何よりも気を付けたいのは肌刺激。どんなに良い化粧品を使っていても、どんなに効果の高い成分が入っていても、ケアの際に肌刺激を与えてしまえば、効果を得るどころか、肌トラブルを作ってしまいます。

その点、手で化粧水を付ける際には、肌刺激を抑えることができ、肌に優しいケアを行うことができます。

もちろん、化粧水をつける際、強くパッティングしてしまえば肌刺激を与えることになりますから、何よりも優しく押し込むケアが大切です。

肌の状態を把握できる

手で直接化粧水をつけるということは、直接顔に触れることになりますから、その時々の肌の状態をより知ることができます。

鏡で見ているだけでは分からない、肌のごわつきやかさつきなども、肌に触れることですぐに気づくことができるでしょう。

肌の変化に気づくことができれば、万が一肌トラブルが起きても適切な対処がすぐにでき、最小限でトラブルも抑えることができるはずです。

化粧水を手で付ける際のデメリット

化粧水を手で付ける際のメリットを知ると、多くの人は「手の方が良さそうだな」と思うでしょう。確かに、様々なメリットがありますから、手で付けることに魅力を感じるはずです。

しかし、手で付ける際にもデメリットがあります。

では、化粧水を手で付ける際のデメリットをご紹介しましょう。

雑菌の危険性

化粧水を手で付ける際のデメリットは、雑菌の繁殖です。化粧水を手で付ける場合には、清潔な手でケアすることが基本。

万が一、洗っていない手で化粧水をつけてしまえば、肌に雑菌がついてしまい、肌トラブルを起こしてしまうことになるでしょう。こうなれば、せっかくの化粧水の効果も得ることができませんし、高価な化粧水も意味がありません。

関連記事一覧