日常とヨガの実践のヒント – 地球のためにできるシンプルな40のこと

ヨガ

ヨガの究極的な目標ー神との合一の道程では、自分と他の存在との境界がなくなっていきます。 自分、家族、友人、地域、国、そして母なる地球、そこに存在するあらゆる生命、そして、宇宙までーそれらはすべて自分の一部、もしくは、自分も全体の一部なのです。インドだけではなく世界中様々な国で、母なる地球は神の目に見える姿と考えられています。自然と調和して生きていくためにできること。カルマ・ヨーガとして実際に行動に移せることのヒントを、早速見てみましょう。

地球のためにできるシンプルな40のこと

何千年も昔は、人間は自然と調和して生きていたと考えられています。そして、時代が移り、その調和は失われてきました。
今、日本だけではなく世界中で、異常気象や地震、そしてゴミ問題や大気や水の汚染など、様々な問題が起こっています。
インドだけではなく、世界中の様々な国では、母なる地球は目に見える神の現れだと考えられています。
ヨガや瞑想のゴールを達成するには、母なる自然や他の生命に対する思いやり、調和や一体感はとても重要なものです。
意識を拡大するとともに、カルマ・ヨーガとして、またバクティ・ヨーガとしてそれらを行動に移し、実践しましょう。
母なる自然の一部である私たちができること。
それは毎日できるほんの小さなことなのです。

“良い人間は、あらゆる生命あるものの友である。”-マハートマ・ガンディー
“自然を深くじっくりと見てみなさい。そうすれば、すべてのことをもっと良く理解できるでしょう。”-アルベルト・アインシュタイン

普段の暮らしでできること

ペーパーレス

不必要なプリントアウトやコピーを減らしましょう。メールやSNSを活用してみましょう。会社内でも、配布物や回覧、対外的な案内やチラシなども工夫してみましょう。

充電式のバッテリー

使い捨ての電池より、充電式やソーラー充電などを取り入れてみましょう。

電球をLEDに

消費電力が少なく寿命の長い、LEDに取り替えましょう。

使わない電気のスイッチオフ

誰も使っていない部屋の電気やエアコンがつけっぱなしになっていませんか?
照明だけではなく、使っていない機器で電源を切れるものはありませんか?
お家だけではなく、特に会社で、慣習として見過ごされていることはありませんか?

エアコン:クールビズ、ウォームビズ

エアコンの設定温度は適切ですか?慣習だからといって高すぎたり低すぎるままになっていませんか?
冬には暖かい服装、夏には涼しい服装をしましょう。
また、打ち水などの気化による冷却効果などを取り入れましょう。

洗濯物は自然乾燥

燥機はなるべく使わないようにし、できるだけ外や部屋で自然に干して乾燥させましょう。

 水洗トイレの水の節約

水洗トイレのタンクに、タンクを壊さないように、石やブロックを入れてみましょう。一度に流れる水の量を節約できます。

水筒/保温のできる水筒/蓋付きマグカップ/保温マグカップなどを持ち歩く

ペットボトルを極力利用しないように心がけましょう。家から出かける時はお茶やコーヒー、水などを持って行きます。また、空の容器を持って行って、会社など出先で利用したり、カフェなどでは使い捨てのカップに入れてもらうのではなく、自分のマイマグに入れてもらったりして、プラスチックの容器や使い捨ての容器をなるべく使わないようにしましょう。お店やインターネットで、機能も形も柄も材質も様々な種類のものを見つけることができるでしょう。自分だけのおしゃれなボトルやカップを持ち歩いて、地球にも優しいなんて、最高にクールです。

掃除するときにできること

雑巾やタオルを使いましょう

使い捨ての紙タオルや紙ナプキンタイプのものは避け、雑巾(タオル)、布巾や手ぬぐいを使いましょう。

環境に良い洗剤

毒性の無い、エコフレンドリーな製品を選択しましょう。これは、掃除だけではなく、洗濯用洗剤や台所用洗剤などにも当てはまります。
ハロンやCFCを含むものは、なるべく使わないようにしましょう。

水を節約

車を洗う時、お風呂を洗う時、お皿を洗う時…使っていない時は、水を出しっぱなしにしないでおきましょう。
ご飯を食べた後、お皿の汚れがひどい時は、新聞紙で汚れを拭ってから洗うと、水を節約できます。
また、野菜を洗った時の水や米のとぎ汁を洗い物用にとっておくことや、アクリルたわしやガラ紡糸という木綿の糸で作られたふきんを使い洗剤を使わないことも、賢い節水術です。

お風呂に入る時にできること

シャワーを出しっぱなしにしない

世界平均では、1分におよそ9L使われていると考えられています。(使っているシャワーヘッドや、出している水量によります。)15分出し続けると、平均的なバスタブ一杯に溜まります。
シャンプーの時、体を洗っている時、歯を磨いている時などは、こまめに止めるようにしましょう。
冬など寒い時にシャワーに入る時は、陽があるうちに入る、入る前に服を着たまま壁を熱いシャワーで流す、などの対策で、浴室が暖かいうちに入りましょう。

溜めたお湯を使う

バスタブにお湯をためたのなら、シャワーではなくためたお湯を使いましょう。

入る回数を減らす

朝入って、夜も入って、毎日入って..。本当に必要か、今一度考えてみましょう。本当に必要な回数だけ入るようにしましょう。

関連記事一覧