指ヨガ、ムードラとヨガ

ヨガ

指ヨガは様々な指のポジションや動きを通して行うヨガです。それぞれの指のポジションはムードラと呼ばれています。ムドラーとは手印と訳される手の精巧な動きの型のことである。

ムードラとは?

ムードラは胸の前で合唱をするナマステの挨拶のポジションの簡単なものから、両手を使って指を複雑に交差させながら作るムードラまで幅広く様々なムードラがあります。特定のムードラをつくることで体の中と外に流れているエネルギーをコントロールできると信じられています

ムードラには封印するというもう一つの意味があります。これはあるムードラをつくることでエネルギーを封印させる、あるいは外部からのエネルギー的攻撃から身を守るためにムードラが利用されて来たからです。ヨガのプラクティスのなかでムドラーが用いられています。ムドラーはプラーナ(気)を整え身体のバランスを整える治療行為として施行いられています。

インドの伝統舞踊とムードラ

インド南部における伝統舞踊、カタカリでは踊り手が500以上もあるムドラーと顔の表情などの身体表現でその物語を伝えます。物語ではインドの伝統叙事詩『マハーバーラタ』や『ラーマーヤナ』、または神話『プラナス』などから伝えられる物語が演じられています。

仏像とムードラ

ムードラと聞くと少し遠い感じがするかもしれませんが、お寺や博物館などに行って仏像をみると、殆どの神像たちを独特なムードラをかたどっているでしょう。それだけムードラが威力があることを古くからの美術品が伝えてくれています。

それぞれの指の意味

ヨガの世界では指にも一つ一つ繋がったエレメンツ(要素)があります。
親指:火 (アグニ / Agni)
人差し指:空気 (バーユ/ Vayu)
中指:宇宙 (アカシュ / Akash)
薬指: 地 (プリトゥビ/ Prithuvi)
小指:水 (ジャル/ Jal)

関連記事一覧