ダイエット効果にも違いが!ヨガとピラティスの5つの違い

戦士のポ―ズ
ヨガ

ヨガとピラティスは一見似ているようで、実は全く異なります。ダイエット効果を求めてヨガやピラティスを行っているけど、なかなか効果が感じられないという方、自分に合った方を選べていますか?ヨガとピラティスはダイエット効果も異なります。まずはヨガとピラティスの5つの違いを理解していきましょう。

ヨガとピラティスの違いとは?

似ているようで全然違う、ヨガとピラティス。

違いがわからないまま続けるより、違いを知ったうえで、自分に合った方を取り入れると効果もはっきりとみえてきます。

ヨガとピラティスの違いは5つ。
ルーツ、フォーカスしている点、使用するもの、呼吸法、ダイエット効果までも異なります。

ヨガとピラティスそれぞれの起源(ルーツ)

一見似ているヨガとピラティスは、それぞれどのようにして生まれたのでしょうか。

ヨガ発祥の地は古代インド

ヨガの起源は4000〜5000年前の古代インド、インダス文明で生まれたといわれています。

受け継いだ世代がまた次世代へと伝え、発展していきました。
それを繰り返すうちに、ヨガの経典といわれる「ヨガ・スートラ」が完成したといわれています。

ピラティス考案者はドイツ人

ピラティスは、1900年初頭にドイツ人のジョセフ・ヒューベルトゥス・ピラティスによって考案されました。

第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したエクササイズで、ヨガや太極拳などのエッセンスを取り入れたといわれています。

関連記事一覧