ヨガをはじめたら変わった5つのこと

ヨガ

ヨガの効果は分かっているけど、ヨガを始めて実際にどんな変化が感じられたのか気になっている人は少なくないでしょう。今回は、ヨガを始めたら変わった5つのことを、実際の体験を元にご紹介します。ヨガを始めたいけどなかなか最初の一歩が踏み出せない方、必見です。

ヨガをはじめたら変わったこととは?

ヨガを習慣的に行っている人であれば、ヨガをはじめてから何かしらの変化を実感できていると思います。

その変化というものは身体的な変化、精神的な変化、環境の変化、思考の変化など、人によって異なります。

今回は、ヨガを始めてから実際に変わった5つのことをご紹介します。

誰でも何かしらの変化を実感するはず

ヨガに出会ってから人生が変わったと言っている人に会ったことがありますか?

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そのような人が実は多く存在します。

そして、そのようなことを聞くと、ヨガをすると人生がガラっと変わって全てがうまくいくのかと勘違いする人が多いのも事実です。

しかし、ヨガを始めたら人生が劇的にチェンジしてバラ色になるというわけではなく、誰でも何かしらの変化を実感する可能性が高いということです。

ただし期待しすぎはNG

これはヨガに対してだけでなく全てに対して言えることですが、効果や変化を期待しすぎることはおすすめしません。

多くの人は何か新しいことを始めるときに、何かしらの効果や変化を期待してしまい、期待通りの結果が出ないとひどく落胆することがあります。

しかし、期待することに何もメリットはありません。

ヨガを始める理由は人それぞれですが、少なからず何らかの効果や変化を期待する人がいると思いまが、それは時にデメリットにもなり得るのです。

自分と向き合う習慣ができた

ヨガを始めて一番に感じた変化は、自分と向き合う習慣ができたということです。

自分と向き合うとは、感情・思考・欲望など自分の全てを徹底的に知るということです。

今まで見ないフリをしていた自分の嫌な部分、今まで気が付かなかった内に秘めた欲望など、良い部分も悪い部分も含めて自分の全てと真正面から向き合うことは、正直しんどくて大変です。

しかし、ヨガをすることで強制的に自分と向き合わざるを得なくなります。

自分を知ることができる

自分と向き合うことができると、自分を知ることができます。

多くの人は自分のことはすでによく知っていると思いこんでいますが、実際には自分の一部や表面上の部分だけを知って、全てを理解していると勘違いしているかもしれません。

しかし、自分を知るためには自分のディープな部分にある本音と向き合う必要があります。

その本音というものは、目を向けるのが辛かったり、理解するのに時間がかかったりするものが多いです。

そして、その自分のディープな部分にある本音=本当の自分を知ることができる手段の一つがヨガなのです。

自分を愛せるようになる

ヨガのプラクティスを重ねるうちに、自分の本音と向き合い、本当の自分を理解できるようになっていきます。

そして、今まで許せなかったことなどを受け入れられるようなっていきます。

そうすると、自分を心の底から愛せるようになるのです。

自分を愛せるとどうなるかというと、様々な基準が自分軸になり、人生がどんどん豊かになっていきます。

そして、自分を愛せることの最大のメリットが、自分を愛せると他人を愛せるようになるということです。

本質的に幸せになれる

心の底から自分を愛せるとどんなことが起きるのかというと、本質的に幸せになれる可能性が高くなります。

多くの人は幸せは自分の外側にあると思いこみ、一生懸命自分の外側に目を向けていますが、実際には幸せは自分の外側にはなく、自分の内側にあることが多いのです。

自分の外側で幸せを見つけたという人もいますが、それは単なる錯覚にすぎず時が経てばその魔法は解けてしまいます。

本質的に幸せになりたいのであれば、まずは自分を心の底から愛し、常に自分を喜ばせ、心身ともに大切にしてあげましょう。

自分が満たされていれば、それば幸せを感じる大きな第一歩になります。

cocolife-yoga

54,117 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧