ヨガの瞑想(メディテーション)とその様々な効果とは【基本編】

チャクラ
ヨガ

数年前から世界的に有名な経営者やビジネスリーダーがこぞって瞑想を行っているといわれ始めました。なぜヨギーやヨギーニでもない彼らは瞑想を行うのでしょうか?その理由は瞑想の効果にありました。ヨガと瞑想を日常的に行い、あなたも穏やかで強い心を手に入れませんか?

瞑想(メディテーション)もヨガなの?!

ヨガと聞くと何をイメージしますか?

ヨガ=ヨガのポーズをとることだと真っ先に思い浮かべる人はかなり多いと思います。

実は、瞑想もヨガそのものなのです。

八支則の全てがヨガ

ヨガの教えには、アシュタンガ=八支則という8つの段階があります。

これは、ヨガの聖典であるヨーガ・スートラの中に出てくる基本的な教えです。

ハ支則にはどのようなものがあるかというと、社会的・個人的行動規範やアーサナ(ヨガのポーズをること)、呼吸法、精神統一などがあり、そのうちの一つが瞑想です。

ヨガのポーズをとるアーサナだけを行うのがヨガではなく、ハ支則の全てを行ってはじめてヨガといえるのです。

瞑想=ヨガ

ハ支則の7番目にディアナ(Dhyana)/瞑想があります。

ということは、ヨガは瞑想であり、瞑想はヨガであるということになります。

ヨガクラスに参加していると、時間が経つのが早いと感じたことはありませんか?

60~90分のクラスはとても集中しているので、あっという間にクラスが終わったように感じがちです。

ヨガクラスで瞑想を行っていなくても、ヨガを行っているときは無意識的に瞑想状態に入っていることが多いようです。

瞑想のさまざまな効果

世界的に有名な経営者やビジネスリーダーたちがこぞって瞑想をし、ヨギー・ヨーギニ以外からも注目を浴びている瞑想。

しかし、なぜこんなにも瞑想が良いとされているのでしょうか?

その理由は瞑想の効果にありました。

ストレス軽減

現代では子供から大人まで、毎日何かしらのストレスを受けて生きています。

現代病でもあるストレスを軽減するに効果的なのが、ヨガの呼吸法と瞑想です。

ストレスを感じる生活をしていても、毎日少しでも瞑想をすることでストレスを最小限にすることが可能だといわれています。

瞑想をすると必然的に深い呼吸をするようになり、その深い呼吸のおかげで自律神経のバランスが整い、身体の不調や精神疾患の状態が改善されるともいわれています。

集中力アップ

ヨガや瞑想をすると、集中力や記憶力がアップするといわれています。

瞑想をしているときに脳内が完全に停止いているということは、科学的にも実証されています。

これは脳を休ませることができるため、次に脳が稼働したときには活動が活発になり、そのため集中力や記憶力がアップするというわけです。

忙しいけど仕事や勉強をしないといけないときは、あえて脳を休ませるために瞑想をすると、効率的に仕事や勉強ができるでしょう。

今に集中できる

現代はほとんどの人がスマホやタブレットを持って、いつでもどこでもインターネットが使える環境です。

電車を待っているときや仕事の休憩時やランチタイム、ヒマさえあればスマホでSNSをチェックする人が大多数です。

そして、いつも過去の出来事に対する後悔や未来に対する漠然とした不安などに思いを巡らせています。

しかし、本来私たちが生きないといけないのは〈今〉です。

瞑想をするとそのことを嫌でも実感することができ、瞑想をしていないときでも今に集中しないといけないことに気づかされるようになります。

cocolife-yoga

55,261 views

インド滞在中にヨガに出会い、帰国後ヨガインストラクターとして活動。ハタヨガ、リストラティブヨガをメインに指導。カナダでパークヨガなどを開催、現在はオーストラ...

プロフィール

関連記事一覧